地震の真相~情報拡散希望

転載: 日銀黒田の「異次元緩和」の主目的は、日本の資金がどっと米国債購入に向かうよう仕向けること

転載: richardkoshimizu’s blog

日銀黒田の「異次元緩和」の主目的は、日本の資金がどっと米国債購入に向かうよう仕向けることだった...        作成日時 : 2013/05/26 06:12

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201305/article_203.html




                      

                                    

日銀黒田の「異次元緩和」の主目的は、日本の資金がどっと米国債購入に向かうよう仕向けることだったようです。国債暴落を恐れる銀行や年金基金が外債購入に走る?

やっぱり、これも困窮したユダ金に緊急融資するためだったのか?有識者のご意見を求めます。

国債市場から逃げ出していた巨額資金2013年5月25日 (イーグルヒット)

http://ameblo.jp/yoruasaaida/entry-11537914202.html

日銀の異次元緩和が、保険会社などの金融機関の外債購入へ向かわせる狙いがあることは、すでに指摘した。これにより米国債を下支える米国の思惑が働いていることも。

だが、実は、日本の年金基金が海外投資へシフトしていたようである。果たして、将来、大きくなって帰ってくるのだろうか?

無論期待するだけ無駄である。

アベノミクス、異次元緩和が、国民の金融資産の海外流出であり、国富の収奪であることが、ここからも明瞭になってこよう。

現状、海外投資家らの資金が株式市場に注入され、バブル状態となっているが、
やがて彼らが資金を引き揚げたとき、もはや日本の資金、資産は枯渇状態となる恐れがある。
その最後の仕上げが、国債暴落であることは言うまでもない・・・。






--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------



[PR]

by d451ddpp | 2014-07-07 23:56 | 情報拡散希望
<< 転載: 投票箱のすり替え対抗策... 転載: 焼身抗議自殺事件のその... >>