地震の真相~情報拡散希望

転載: 「部落問題」など….について

転載: richardkoshimizu’s blog

「部落問題」など….について       作成日時 : 2013/08/27 09:13

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201308/article_114.html




                       

                    

出張帰りで少々疲れているので、テキトーに推敲なしで記事を出します。ごめんなさい。

「部落問題」など….について

少しでも部落差別ととられかねない発言をすると部落解放同盟とやらが噛み付いてきて雑誌を廃刊させたり、謝罪させたりする。

週刊朝日あたりで「橋下と部落」の記事を載せると集中攻撃を受け、筆者は土下座し編集長は首になる。結果、だれも部落の闇を追求できなくなる。維新と部落の関係には触れられなくなる。(RK以外はw)もっとも、週刊朝日のケースは、部落勢力との合意の上の「猿芝居」であった可能性が高い。おかげで、あれ以来誰も維新と部落の関係に触れなくなった。

社会の批判を浴びないですむ集団には汚いもの、汚らわしいものが集まってくる。犯罪や悪意の温床となる。在日、カルト、部落、ヤクザ、CIA.それらがすべて人脈的に重複し横に連携している。「悪の枢軸」である。

幸福実現党なる不可思議な組織があるが、昨今、急速に右翼組織化しつつあり、在日北朝鮮似非右翼勢力と連携しているように見える。一部では「維新」の当選者の中に大皮劉邦なる宗教詐欺師の手下が多数紛れ込んでいるとする説がある。RKは、なるほど....と膝を打ってあとで後悔する。右膝の靭帯が弱くて下手に打つと1-2週間は激痛が取れないのである。w

大皮詐欺師、そして降伏の化学お抱えの経済評論家、三橋某の出身地がいずれも部落地区の多いところであることを記しておく。

私RKは、部落解放同盟は「極左組織」であると理解している。解同の初代の領袖はモスクワに行ってスターリンと謁見し「日本で共産革命を起こせ」と指令されている。解同の青年幹部だった前原某の立つ演壇の背後には真っ赤な旗が林立していた。

一方で、日本の似非右翼集団の背後には、統一北朝鮮教会がいる。北朝鮮勢力による日本支配は、部落極左勢力との連携を前提としており、その結果が、朝鮮似非右翼と部落似非右翼の合流へと繫がっている。すなわち、民主の部落ホモ極左部門+みんなの統一教会+日本維新の会である。

日本の政界は、裏社会と同一の構成になりつつある。ヤクザも右翼も大半は在日と部落の連合体である。政治の世界も同様にマイノリティーの支配構造を作ろうと腐心してきたのだ。だれが?黒幕の金融ユダヤ人が....である。

これらマイノリティー支配政党が「反自公」を偽装しながら結局は自民統一教会党と政策面で一致して、日本を戦争のできる国に作り替え、中国を挑発し、TPP、消費増税などで米国ユダヤ権力に利益供与する。

残念ながら日本の政界は基本的に「例外なく」ユダヤ朝鮮部落裏社会のひも付きであるとみるべきであろう。よって、対立を偽装しながら、最終的には「ユダヤ様へのご奉公」「北朝鮮式革命の成就」のために動いていく。もはや、真意を隠そうともしなくなった裏社会は公然とこの目的に向けて動き出している。

一方で、彼らの姦計を看破した英知溢れる日本国民は、冷たい目で彼らの蛮行を眺め、知性を以て対抗すべく動き出している。鉄砲の弾を一発も打たないで戦に勝つ。

過去誰にもできなかったことだから、今回も無理。社会は変わらない。そうしたり顔でいう面々に罪はない。彼ら、ごく普通の「その他大勢」は、自分の力で社会を変えるなど最初からできないと結論づけて、背中を丸めて黙り込んでいる。自分を試そうとしない。「打って出る」ことが怖い。簡単に言うと「小心者」。だが、彼らだって立ち上がらざるを得ない時が来る。自分の尻に火が付けば、だれだって瞬時に立ち上がって尻の灯を消そうとする。

いつの世も常識破りの少数集団が世の中を変えてきた。先駆者は異常者扱いされる。陰謀論者と揶揄される。だが、地動説を唱えたガリレオは正常者であり、それ以外の天動説に固執した大量の愚民のほうが「ただの馬鹿」だった。私RKは前者でありたい。異常者扱い、大いに結構。

SWCやADLが反ユダヤ発言に常時目を光らせていて、すぐさま圧力をかけてくる。結果、マルコポーロは廃刊となる。これらのユダヤ機関は、出版社に対して「銀行筋の融資を絞る」と公然と恫喝する。銀行筋に影響力を行使できる?ユダヤ機関=ユダヤ金融資本である証左だ。

ちなみに部落組織がRKに対して表だって誹謗中傷をしてこないのにはいくつか理由がある。「部落勢力の貴公子」である前原某の正体を暴露しているRKを叩けば、「部落=極左集団」説に衆目が集まってしまう。「部落の真実」を知られてしまう。

よって、姑息な手口でRKの口を封じようとする。10・1においてRK事務所自宅に押し寄せた西村某の主導する集団は、実は、「部落活動家」を主体とする集団であったと理解する。そして、彼らの人相は見事に映像にとられ数十万回もネット上で晒された。結果、部落要員を「次」の騒乱に起用することができなくなった。これを日本語では「馬鹿丸出し」という。

部落組織の手口は、ユダヤ金融悪魔と同じである。つまり前者による後者の「指導」があるとみる。ユダヤ金融悪魔の思想的中枢は、ワシントンのネオコンである。ネオコンとは、トロッキズム思想集団である。「アカ」である。ワシントンのユダヤ人世界革命妄想者は、朝鮮部落勢力を使って日本を乗っ取りに出た。だが、何もかも暴露された今、彼らに何ができるか?

中東の小国、シリアの内戦すら自分たちに優位に進められないユダヤ金融勢力に、日本で何ができるというのか?疲弊し体力も資力も失い弱体化して消えていくだけである。「老衰」である。

いい風は確実に吹いている。それを私RKははっきりと感じ取っています。




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





[PR]

by d451ddpp | 2014-07-12 22:45 | 情報拡散希望
<< 転載: 偽世論調査で70%支持... 転載: 創価朝鮮人学会について >>