地震の真相~情報拡散希望

転載: 広島の学徒たち

転載: richardkoshimizu’s blog

広島の学徒たち      作成日時 : 2015/08/10 07:36

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201508/article_35.html




1945年8月6日の広島では、高女、旧制中学生が動員されて早朝から「家屋疎開」に従事していた。空襲対策で、家屋を取り壊して延焼を防ぐのが目的だったようです。

暑い日だった。空には雲一つない快晴だった。

そこへ、ピカドンが炸裂した。野外で直撃を受けた学徒たちは、全身火傷を負って数日中に亡くなっていった。広島県立第一高女の1年生(2,3年生は勤労動員で工場勤務。)は全滅したと聞いた。

その原爆を落とした連中の意図と背後関係を解明しなければ、犠牲者は成仏できない。犠牲者の親の世代は、90代。殆ど残っていない。ならば、戦後生まれの我々が解明し「仇を取る」しかない。

ユダ金のご都合で捏造された第二次大戦。戦争当事者でも何でもない、無垢の学徒たちは無差別殺戮で殺された。ユダ金の実験材料にされ、戦後の冷戦体制を構築するために。許すまじ、ユダ金。

2015/8/9 19:38

改めて自戒の念を込めて、ヒロシマ ナガサキの被爆直後の惨状を写したphotoを見直していました。ナガサキの爆心地付近で全身大火傷を負った十四才の少女。もう胸が一杯で先に進めません。勤労動員の工場か何かで被爆したのでしょうか?とても綺麗な娘さんだったのかもしれません。戦時中でも未来に対する夢を沢山持っていたのでしょうね。誰か憧れている人がいたのかもしれない。翌日、家族と一緒に何処かへ出掛ける約束があったのかも…。苦しかったろうな?辛かったろうな?必ず一矢報いるから空の上で見ていて欲しい。ハザールの狂人どもには相応の責任を取って頂く!

firebird0727




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





[PR]

by d451ddpp | 2015-08-10 23:18 | 情報拡散希望
<< 転載: 石原慎太郎氏、「個人的... 転載: 「日本会議所属の国会議... >>