人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 金融ユダヤ人の核テロ・人工地震手法を邪推。その2

転載: richardkoshimizu’s blog 

金融ユダヤ人の核テロ・人工地震手法を邪推。その2     作成日時 : 2011/04/19 08:21

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_126.html
















金融ユダヤ人の核テロ・人工地震手法を邪推。その2

さて、ユダ金さんたちの核戦争手口はいくつかあるはずで、陸上での核攻撃にはやはり「放射能飛散のない」レーザー起爆型純粋水爆が使用されているケースがあると思われる。3.15の静岡東部地震がそれではないか?計画停電の後に大きな地震が起きている。(奇妙な地震であり、メディアが必死にこの地震の事実を無視している感がある。富士山麓が震源の定点地震であり、富士山の噴火を狙ったものだったかも。)

このタイプの地震の場合、一過性の放射線(α、β、γ、中性子)が出るのだが、新宿や北茨城ではそれが計測されているのだろうか?精査が必要である。



一方で、「炭酸ガス、空気、水の圧入」による「核融合反応の誘発」には必ずしも核兵器は必要ないはずだ。時間的制御は出来ないだろうが、条件さえ作っておけば一定期間内に核融合=地震が起きるということか。新潟の長岡や長野の松代地震のケースがそれか?

さらに、大きな地震が起きた後には、各所で地殻に亀裂が入るなどして、断層に水が入り込み自然に核融合が発生しやすい状況が作られるので各所で余震が起きるのか?

以上、ちょっと夢想してみました。まだ分からない事たくさん。


 

by d451ddpp | 2011-04-19 21:13 | 情報拡散希望
<< 転載: 福島原発付近直下型人工... 転載: 金融ユダヤ人の核テロ・... >>