人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 駄目リカが過去に経験したのは、「サブプラ危機」。今度は「プライム危機」。国家丸ごと・・・

転載: richardkoshimizu’s blog 

駄目リカが過去に経験したのは、「サブプラ危機」。今度は「プライム危機」。国家丸ごとホームレス。      作成日時 : 2011/04/18 07:38

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_123.html




駄目リカが過去に経験したのは、「サブプラ危機」。今度は「プライム危機」。もう終わり。国家丸ごとホームレス。

「一部カテゴリーでは借り手の半分が債務不履行。」「住宅ローン元本の減額提案?」つまり、借金チャラにでもしないと住宅ローン危機に前面突入。米国、完全に崩壊。国家丸ごとホームレス。だからといって、日本で地震を起こすな、人を殺すな、金融ユダヤ人。おとなしく零落れろ。ハドソン川で飛び込みの練習でもしろ。

○米BOA:住宅差し押さえは不可避、一部では半分が再びデフォルトに
http://blog.livedoor.jp/stellaford/archives/51966646.html
4月12日(ブルームバーグ):米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)のブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)は、差し押さえ防止への取り組みは多くがうまくいっておらず、一部のカテゴリーでは借り手の半分以上が再度デフォルト(債務不履行)に陥っていると指摘した。

同CEOは12日、ノースカロライナ州シャーロットでの全米州司法長官会議(NAAG)で講演。事前に配布された原稿によれば、「数え切れないほどのプログラム、そしてここにいる皆さんや顧客とともに取り組んでいる銀行員の最善の努力にもかかわらず、差し押さえを回避できなくなるという現実に迫られる顧客が出てくる状況だ」と述べた。

全米50州の司法長官の作業部会は住宅ローンの担保差し押さえ手続きの不備や不正を調査しており、業界に対する200億ドル(約1兆6700億円)の課徴金のほか、債務が住宅価値を上回る所有者に対する住宅ローン元本の減額を提案している。

モイニハン氏やJPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン氏など各行のCEOは、元本の減額は不公平だとして拒否する姿勢を示している。

モイニハンCEOは、「元本減額を幅広く実施することが米国にとっての健全な政策判断だとは思わない」とし、「返済が滞っている顧客が借り手全体に占める割合は小さく、そうした顧客の元本を減額し、きちんと返済している大部分の顧客の元本は減額しないということを正当化できるとは考えづらい」と説明した。





 

by d451ddpp | 2011-04-29 20:49 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価世間知らずスーパー... 転載: 「世界の中心がユダヤ支... >>