人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 夏場の電力不足....一体どれが本当のことなんですか?

転載: richardkoshimizu’s blog 

夏場の電力不足....一体どれが本当のことなんですか?     作成日時 : 2011/05/31 07:24

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201105/article_148.html





夏場の電力不足....一体どれが本当のことなんですか?

大口需要家に15%削減させた結果の「電力確保見通し」なのですか?

日本の生産力を削ぐには、工場の電力を15%カットすれば事足りると金融ユダヤ人の皆さんはお考えなのでしょうか?日本企業はこれを機に徹底した省電力改革を進めて見事に対応してしまうかもしれませんよ。いいんですか?

余った電力は、もしかして、また「アレ」に使おうなんて考えていませんよね?もう、電力を使った人工地震の手口はバレています。実行と同時に大騒ぎされます。世の中では、「原発なんか全部止まっても電力は足りる」と考える人たちが激増しています。金融ユダヤ人の手口は、行使の前から見透かされています。

「まさか、日本人がここまで優秀だとは思わなかった」....金融ユダヤ人さんの溜息が聞こえてきそうです。あなた方の周囲の飼い犬たちを観察してそれを日本人の標準と勘違いされたのでは?あの連中は、最下層の馬さん鹿さんですよ。日本人の人間力を測る物差しにはなりません。もしかしたら、馬さん鹿さんからも一緒にするなと.....

●「夏場の電力確保にめど」 東電と中部電が見通し - 47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011053001000325.html

●中部電力の電力供給シナリオに黄信号、6~8月分の天然ガスが確保できず…現時点で確保のめど立たず。 朝日新聞 2011年5月20日17時34分
http://www.asahi.com/business/update/0520/NGY201105200003.html

●2011年5月30日 経済産業省、東電や東北電供給地域の大口需要家への電力使用制限を7月1日開始
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20110530/106581/
経済産業省は、東京電力や東北電力の供給地域に対する強制的な電力使用制限を7月1日に始める。契約電力500kW以上の大口需要家を対象に、ピーク時の最大電力の前年比15%削減を求め、故意の制限違反には100万円以下の罰金を科す。一方、市民生活や企業活動への影響を抑えるため、病院、鉄道、データセンターなどは制限を緩和。企業グループが共同で削減する方法も採用した。

東日本大震災で発電所が被災したことに伴う電力供給力低下を受け、電力需要が増加する夏に大規模停電の発生を防止することが目的。電気事業法27条に基づいて使用制限を発動する。東電の供給地域は9月22日、東北電地域は9月9日までの平日の午前9時~午後8時に実施し、昨夏の同じ期間と時間帯に使用した最大電力の85%を上限にした。



 

by d451ddpp | 2011-06-11 20:40 | 情報拡散希望
<< 転載: 台風2号は気象実験だった? 転載:  「311テロリストの... >>