人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ウィキペディアにも遂に人工地震

転載: richardkoshimizu’s blog 

ウィキペディアにも遂に人工地震     作成日時 : 2011/06/15 07:31

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201106/article_58.html





ウィキペディアにも遂に人工地震
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E5%9C%B0%E9%9C%87
瑞希当麻 

情報感謝。「人工地震?馬鹿じゃないの?そんなものあるわけないじゃん」とB層さんに反駁されたら、以下のWikipediaをご紹介ください。少なくとも多少は不明を恥じるはずです。「流体注入による誘発地震」というところを上手に説明してください。

2011/06/15 04:23

人工地震(Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E5%9C%B0%E9%9C%87

核実験による人工地震

ロシアにおける人工地震1961年10月30日に、ロシアのノヴァヤゼムリャで行われた核実験(ツァーリ・ボンバ参照)では、マグニチュード7.0に相当する[要出典]揺れが発生した。

1973年9月12日に、ノヴァヤゼムリャの北島で行われた核出力4.2Mtの地下核実験では、マグニチュード6.97に相当する揺れが発生した[2]。

アメリカにおける人工地震詳細は「グロメット作戦」、「アムチトカ島」、「W71 (核弾頭)」をそれぞれ参照

アメリカ合衆国が1971年から1972年にかけて行なった地下核実験(グロメット作戦)のうち、1971年アムチトカ島における地下核実験(カニキン・プロジェクト[3])においてW71核弾頭が使用された際、核出力は5Mtで地下核実験としては最大規模の記録を出したが、マグニチュード7.0相当の人工地震も記録した[4]。

流体注入による誘発地震

水分やガスといった流体が地中に注入されることで地震が誘発されることがある。ロッキー山脈のアメリカ軍の兵器工場で、1962年3月から深さ3670メートルの地下に放射性の廃水を廃棄し始めたところ、1882年以来80年間地震が無かった場所に地震が発生し始めた。また、注入量や圧力に比例するように地震の数が増減した[6]。また、2007年12月にスイスのバーゼルで地熱発電に利用する蒸気を発生させるために地下5000メートルの花崗岩層に熱水を注入したところ、最大M3.4の地震が2度発生した。この地域では以前から有感地震が発生していた[7]。同様に、鉱山内のガス流体の地震の誘発作用も示唆されている[8]。また自然界でも、同様の現象が発生している(地震#地震発生のきっかけ)。




 

by d451ddpp | 2011-07-10 20:40 | 情報拡散希望
<< 転載: 米国国家デフォルト祭関... 転載: 2011.6.11_ ... >>