人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 前原センセ追加情報倉庫

転載: richardkoshimizu’s blog 

前原センセ追加情報倉庫   作成日時 : 2011/02/11 09:37

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201102/article_37.html





前原センセ追加情報倉庫 (有志の方、情報感謝)

(1)「前原氏は過去二度、北朝鮮への渡航経歴があるといった話が、先日の衆院予算委員会の質疑の中で出ていたと思います。 伊勢 2011/02/11 00:55 」

↑これ、どなたか具体的なところを調べられませんかね?

(2)2011-02-07 02:20:01 【補正版】元部落解放同盟青年部長の前原(偽名使っていた)。ユダヤが起用したマイノリティーの典型

私が学生時代、学校に元新聞記者が来て同和講義を行っていた。それまで被差別部落なんていうものは、ほとんど知りもしなかった。その時は、差別され可哀そうなんだなと思った。

しかし、後々実態を垣間見るようになって、そのユダヤが被差別標榜によって同情と批判回避、メリットを得る手段と同じではないかと考えるようになった。実際、解同の汚い実態のニュースもちらほらありますし。もちろん、善良なその出自の人間だっているでしょう。もちろん私は差別なんてものはしたくないし、してはいけないと思うのだが、実態についてはよく解明して、正体を明らかにする必要があると思う。なにしろ、八九三には同和と在日が大きな割合を占めていますから。

「元公安調査庁の菅沼光弘氏曰く「ヤクザ(黑社会的人)の6割が同和関係者、ヤクザの3割が在日韓国朝鮮人」

http://www.youtube.com/watch?v=wNAJVnjlR2g

ユダヤ権力が日本支配の為に、マイノリティーを起用しているのは見え見えです。

だから、元部落解放同盟青年部長、府議時代に同和推進副委員長だった前原が、政権の大臣にまでなって、(日中戦争担当)次期首相の候補だと言わんばかりにメディアでも取り上げられているということなんですね。

(追記)しかも部落解放同盟青年部長の時は、偽名を使っていたらしい。

新聞・テレビメディアの多くも、ユダヤ権力から起用、庇護されているマイノリティーが占拠し、日本国民への情報統制と操作を行ってきているわけです。こんな状態は断じて許せないですね。

「前原誠司代表、同和推進副委員長だったプロフィールを消す」より
http://mblog.excite.co.jp/user/kuyou/entry/detail/?id=2254910

【引用開始】

平成14年版
昭和37年 4月 京都市左京区に生まれる。(1962年4月30日生)
■昭和44年 4月 京都市立修学院小学校入学。
■昭和50年 4月 京都教育大学教育学部附属京都中学校入学。
■昭和53年 4月 京都教育大学教育学部附属高等学校入学。
■昭和57年 4月 京都大学法学部入学、国際政治学(高坂正堯ゼミ)を専攻。
■昭和62年 4月 (財)松下政経塾入塾。
■平成 3年 4月 京都府議会議員選挙(左京区選出)において府議会史上最年少の28歳で初当選厚生労働、環境対策委員、同和推進副委員長、文教委員を歴任。
■平成 5年 7月 第40回衆議院議員総選挙(京都1区選出)において初当選。
■平成 8年10月 第41回衆議院議員総選挙において当選、2期目を迎える。
■平成12年 6月 第42回衆議院議員総選挙において3期目の当選(京都2区選出)。
■平成13年 9月 民主党 幹事長代理に就任 現在に至る。

【引用終了】

当該出自の者を差別する気はないのだが、もし日本国の代表に、マイノリティーのその団体の青年部長や京都府議会議員時代に同和推進副委員長まで務めた人物がなるということは・・・。しかもユダヤ権力の工作員ですから・・・。




   

by d451ddpp | 2011-08-24 20:31 | 情報拡散希望
<< 転載: 秀逸ブログ記事:週刊新... 転載: レベル7お伽噺の情報を... >>