人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 米国経済崩壊は、韓国にとって死活問題なのです。

転載: richardkoshimizu’s blog 

米国経済崩壊は、韓国にとって死活問題なのです。   作成日時 : 2011/08/09 10:12

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201108/article_36.html








米国経済崩壊は、韓国にとって死活問題なのです。

情報感謝。韓国は、「S&P格下げ」で危機感がいっぱいのようです。

●米国債格付け引き下げの影響、李大統領が注視を指示 2011/08/08 18:57
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2011/08/08/0900000000AJP20110808003300882.HTML

【ソウル聯合ニュース】李明博大統領は8日、米国の長期国債格付けの引き下げが韓国経済と金融市場に及ぼす影響を点検するための会議を緊急招集し、「当分は状況がどう展開するか綿密に注視しなければならない」と述べ、金融市場だけでなく世界の実体経済の動向も見守る必要があるとした。青瓦台(大統領府)の朴正河(パク・ジョンハ)報道官が伝えた。

李大統領は、関係官庁・機関が随時集まり、動向を把握した上で必要な対策を適期に推進し、国民を安心させるようにと指示した。また、世界経済・金融への悪影響に警戒感が高まっている現在の状況について、「ある一つの国では独自にできない、全世界にとってのサバイバルゲーム」と表現し、国際協力の重要性を強調した。
このほか、世界金融市場の流れは中東を中心に動いているとしながら、韓国の金融機関が欧米に頼るだけでなく、中東との協力増進策も検討することを求めた。






韓国が危機感を持つのは当然です。

●大手7行の株主保有構造(外資比率:1997年末→2005年末,主要株主)
■国民銀行 外資比率:41.2%→85.68% 主要株主:Bank of New York(15.21%)
■ウリィ銀行 外資比率: 8.6%→11.10% 主要株主:ウリィフィナンシャルグループ(韓国預金保険公社)(77.97%)
■ハナ銀行 外資比率:21.3%→72.27% 主要株主:ゴールドマンサックス(9.34%)
■新韓銀行 外資比率:23.4%→57.05% 主要株主:新韓フィナンシャルグループ(100%)
■韓国外韓銀行 外資比率: 2.7%→74.16% 主要株主:ローンスター(50.53%)
■韓美銀行 外資比率:29.4%→99.90% 主要株主:シティグループ(99.91%)
■第一銀行 外資比率: 0.1%→100.0% 主要株主:スタンダード・チャータード(100%)
詳細は、http://www.scbri.jp/PDFgeppou/2006/2006-10.pdfの17ページ






ユダヤ金融資本は、韓国の主要銀行を傘下に入れることで、韓国経済からの搾取構造を建設してきました。韓国民が必死に働いて金融ユダヤ人に根こそぎ持って行かれる構造にあるのです。

さて、そのユダヤ金融資本が窮地に陥れば、韓国に投じた資金を早急に引き揚げて本体の負債補填に使おうとするでしょう。また、ユダ金本体が倒れれば、韓国の傘下銀行も....。韓国経済はボロボロになります。

ユダ金に乗っ取られた国は、ユダ金とともに崩壊する恐れがあるのです。そして、その混乱に乗じた北朝鮮の軍事行動がいささか心配です。豆知識でした。

リチャード・コシミズ





  

by d451ddpp | 2011-09-03 20:18 | 情報拡散希望
<< 転載: 日本の主敵、311テロ... 転載: 「はたしてチェルノブイ... >>