人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 貧乏人急増で不穏な空気が充満するユダヤ米国

転載: richardkoshimizu’s blog 

貧乏人急増で不穏な空気が充満するユダヤ米国     作成日時 : 2011/09/14 06:36

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201109/article_27.html








貧乏人急増で不穏な空気が充満するユダヤ米国

金融ユダヤ人は、「バブル経済で、当面の虚構の繁栄を捏造する」ことしかやってこなかった。国家経済の長期的ビジョンなど元より持たず、荒廃するに任せた。結果、貧困層が拡大した。一日1200円以下の平均収入しかない貧困層が、全人口の15%に達した。オバマ政権は35兆円の雇用対策を実施するというが、財源は増税しかない。共和党は断固反対するゆえ、実現は困難。そして、雇用対策を言い出した矢先にバンカメが3万人リストラ。

次に見えてくるのは、暴動、内乱である。国民の憤懣エネルギーを「対外戦争」に向けるしかない。だが、どこの国も戦争にお付き合いしてくれそうにない。習近平さんに土下座して戦争してもらいますか、デービッド。八方ふさがりでユダ金悶死のカウントダウン加速中。

日本もとばっちりで国家デフォルト?それもまたよし。

●米貧困者4600万人=過去最多、人口比15%―2010年 時事通信 9月14日(水)1時29分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110914-00000014-jij-int

【ワシントン時事】米国勢調査局は13日、2010年の米国の貧困者が4618万人(前年は4356万9000人)と、統計を初めて公表した1959年以降最多になったと発表した。これで4年連続の増加。金融・経済危機の影響は依然消えておらず、オバマ政権や議会に一段の景気対策を求める声が強まりそうだ。

国勢調査局によると、全人口に占める貧困者数の割合は15.1%(同14.3%)と、3年連続で上昇した。

今回の調査では、4人家族の場合、年収が2万2314ドル(約172万円)以下の世帯を貧困層と定義。全米の世帯の年収は中央値で4万9445ドル(約381万円)と、前年比2.3%減少した。

●米大統領、雇用法案「直ちに可決を」 TBS系(JNN) 9月13日(火)14時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20110913-00000041-jnn-int

アメリカのオバマ大統領は、先週発表した総額4470億ドルにのぼる追加景気・雇用対策の法案を議会に送り、直ちに可決するよう求めました。

「政治ゲームをやめて遅らせるな。この法案をきょう議会に送ります。議会は直ちに可決するべきです」(オバマ大統領)

オバマ大統領は12日、予算不足から一時解雇などの危機にさらされている教員や消防士などを前に、法案提出時としては異例の声明を発表し、経済対策の法案を直ちに通すよう議会に求めました。

その名も「アメリカ雇用法」と名づけられた法案には、雇用促進減税や道路や学校へのインフラ投資など、総額4470億ドル=35兆円もの景気・雇用対策が盛り込まれていて、財政赤字削減を主張する議会共和党からは、早くも公共事業や地方への補助金に強い反対が出ています。

その一方、12日にはアメリカ最大の銀行である「バンク・オブ・アメリカ」が3万人の人員削減計画を発表するなど、雇用拡大の足踏みは鮮明になっていて、オバマ大統領は連日遊説に出て、法案成立に向け攻勢をかけることにしています。(13日11:50)最終更新:9月13日(火)14時8分 




  

by d451ddpp | 2011-09-30 20:55 | 情報拡散希望
<< 転載: 「創価暴力団直結学会の... 転載: ユダ金坊やたちのあの怯... >>