人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ユダ金包囲網着々と。

転載: richardkoshimizu’s blog 

ユダ金包囲網着々と。      作成日時 : 2011/10/05 10:01

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201110/article_11.html









ユダ金包囲網着々と。

CIAに支援されるムスリム同胞団が仕掛けたシリアの反体制デモ。なかなかアサド政権を倒せないので業を煮やしたユダ金が、国連の安保理事会でデモ弾圧非難の決議案を提出。

だが、騒ぎの背後にユダ金がいることを知る中露が拒否権を行使。さらには、インド、ブラジル、南アなどが棄権して否決。

つまり、ユダ金の卑しい謀略に世界の超大国、中露と21世紀の新興有力国家がNOを突きつけたということ。英仏独=ユダヤ傀儡がいくら頑張っても、思い通りにはならない時代が到来したのである。これは大きな変化である。

欧米旧勢力は、もはや、世界のリーダーではない。911,311型テロももうこれ以上通用しない。中東での戦乱惹起計画も時間切れ。焦れば焦るほど自分たちの尻についた火が勢いよく燃え始める。ギリシアに続き、イタリア国債も3段階格下げ。イタリアに債権を持つユダ金、真っ青。
そして、反ユダ金デモは世界に拡大。

●中ロが拒否権発動=シリア非難決議案―国連安保理
時事通信 10月5日(水)7時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111005-00000016-jij-int
【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会は4日、公式会合を開き、シリアの反体制デモ弾圧を非難する英仏独など提出の決議案を採決した。9カ国が賛成したが、ロシアと中国が拒否権を行使し、決議案は否決された。また、インドやレバノン、ブラジル、南アフリカの4カ国が棄権した。

欧米諸国は約5カ月にわたりシリアのアサド政権への圧力強化を狙った安保理決議採択を模索、中ロ両国などがこれに抵抗してきた。欧州勢は決議案から「制裁」の文言を落とし、妥協を重ねたが、中ロの拒否権発動でシリア情勢をめぐる安保理の分裂を際立たせた格好となった。 

●イタリア国債、3段階格下げ=米ムーディーズ
時事通信 10月5日(水)7時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111005-00000015-jij-int

【ニューヨーク時事】米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは4日、イタリア国債の格付けを「Aa2」から「A2」に3段階引き下げたと発表した。また、格付け見通しも「ネガティブ(弱含み)」に据え置き、今後も一段の格下げに動く可能性があることを示唆した。
 
●【ニューヨーク共同】ニューヨークのウォール街近くで始まり、米各地に広がった格差社会の是正を訴えるデモに対し3日、世界各国の都市で連帯の動きが出始めた。

15日に国際的な行動が呼び掛けられており、東京での行動を訴えるウェブサイトも作られた。

各地のデモをまとめたウェブサイトには「オキュパイ・トウキョウ」(東京を占拠せよ)という行動を含め、カナダや欧州など20以上の都市での行動が案内されている。

一方、ニューヨークでの活動は泊まり込みで続いた。医療関係者のボランティアによる医療サービスも提供され、雨や夜の冷え込みで体調を崩した人の相談を受けた。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/20111003/201110030005_001.jpg http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/266533



   

by d451ddpp | 2011-10-17 21:23 | 情報拡散希望
<< 転載: ニュースの正しい読み方... 転載: 「今まで都合が悪いのか... >>