人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ニュースの正しい読み方(11.10.6)「日本の恥。東京地裁ユダヤ裁判。」

転載: richardkoshimizu’s blog 

ニュースの正しい読み方(11.10.6)「日本の恥。東京地裁ユダヤ裁判。」
   作成日時 : 2011/10/06 12:34

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201110/article_12.html





ニュースの正しい読み方(11.10.6)「日本の恥。東京地裁ユダヤ裁判。」

●小沢元代表、無罪を主張=虚偽記載「事実ない」―陸山会事件で初公判・東京地裁
時事(ユダヤ言いなり)通信 10月6日(木)10時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111006-00000041-jij-soci

資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐり、収支報告書に虚偽記載をしたとして、政治資金規正法違反罪に問われた民主党元代表小沢一郎被告(69)の初公判が6日、東京地裁(大善(老後の心配なし)文男裁判長)で開かれた。小沢被告は罪状認否で「(検察官役の)指定弁護士が述べたような事実はありません」とし、虚偽記載を全面否認した。国民から選ばれた(ことになっているが実際には非公開で恣意的な人選が行われているのが間違いないインチキ)検察審査会が(ユダヤ金融資本の飼い犬の似非右翼と統一教会系政治家の不起訴不服申し立てにより)強制起訴を決めた事件で初めて開かれる裁判は、全面対決の構図となった(が、世のB層は一連の裁判が米国の金融業者の破綻を回避する目的の猿芝居であると全く理解していない。バカ丸出しである)。

罪状認否に続く意見陳述で、小沢被告は「(金融ユダヤ人が飼い犬の中から意図的に選抜したゴロツキ)検察官の違法な捜査で得られた供述を唯一の証拠としており、直ちに(卑しい金融ユダヤ人の懐を肥やすための)裁判を打ち切るべきだ」と主張(したのは至極妥当)。 「証拠もないのに特定の政治家を狙ったことは、 (後がない金融ユダヤ人が画策した)国家権力の乱用で、法治国家では許されない」と(ユダヤ人様の顔色を見て動く凶悪犯罪組織)検察捜査を批判した。

公判では、石川知裕衆院議員(38)=一審有罪、控訴=ら元秘書3人との共謀が最大の争点となる。虚偽記載が成立するかどうかや、起訴が適法かどうかも争われる(が、とにかく小沢さんを黙らせておかないと金融工学が破綻して破産同然のユダヤ米国の救済に日本の金を流用できなくてユダヤ人が困るし、手先の朝鮮人もおこぼれにありつけない)。

指定弁護士側は冒頭陳述で、小沢被告と元秘書の関係について、「重要な問題は全て小沢被告の指示に従い、独断で事を運ぶことはなかった」と(ユダヤ人の書いた卑しいシナリオ通り)指摘した。






   

by d451ddpp | 2011-10-17 21:45 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価は北朝鮮邪教ではな... 転載: ユダ金包囲網着々と。 >>