人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ウォール街のユダヤ人の手先=統一・創価の朝鮮人脈が、邪魔者を消す。

転載: richardkoshimizu’s blog 

ウォール街のユダヤ人の手先=統一・創価の朝鮮人脈が、邪魔者を消す。   作成日時 : 2007/02/02 06:16

http://richardkoshimizu.at.webry.info/200702/article_1.html





以下を阿修羅政治板に投稿しました。

ウォール街のユダヤ人の手先=統一・創価の朝鮮人脈が、邪魔者を消す。

http://asyura2.com/07/senkyo30/msg/491.html




日本には、巨悪の手先となって、「煩い人士」を始末してくれる連中がいる。ウォール街のユダヤ人が仕掛けた巨大なインサイダー取引を追いかける新聞記者は、東京湾に死体で浮かぶ。そして、警察権力により「自殺」と断定される。一方で、同じ疑惑を追及していた国税職員は、痴漢冤罪で口を封じられる。テレビでインサイダー疑惑に触れた経済学者も同じ運命となる。この事件を追い始めた在日カナダ人ジャーナリストには、虎ノ門あたりから来た白人がつきまとう。そのジャーナリストと会って分かれた直後のリチャード・コシミズには、公衆電話から、無言電話がひっきりなしにかかってくるようになる。

日本には、巨悪のために働く、組織化されたゴロツキ集団がいる。警視庁にも神奈川県警にも東京地検にも、東京地裁にも、東京拘置所にも「組織内組織」が出来上がっている。彼らは、朝鮮人宗教詐欺師、ソンテチャクの創価学会や朝鮮人麻薬密輸業者、文鮮明の統一教会の隠れ信者である。そして、これらの不逞な集団と連動して動く外部のヤクザがいる。創価・統一に出入りする朝鮮半島系を主体とする暴力団員である。

誰かを嵌める必要が出てくれば、警視庁・神奈川県警内のカルト組織が召集される。痴漢冤罪が捏造される。物理的に口を封じる必要が出てくれば、Y組きっての武闘集団、G組が始末をしてくれる。そして、警視庁のカルトが、いち早く自殺と断定する。カルトの息のかかった監察医が、他殺死体を自然死と検視する。東京地裁のカルト検事達は、痴漢冤罪の被告を長期間拘束し、第三者との接触を阻止する。そして、東京地裁のカルト判事とぐるになって、最長の実刑を成立させる。時には、弁護団をも、仲間に取り込む。もしくは、最初から組織の息のかかった弁護士を送り込む。被告を騙して、「余計なことを喋ると保釈が取り消しになる、保釈金が没収される。」と脅す。

そして、どうしても、裁判で真実を語らせたくないとき、拘置所のカルト刑務職員が動員される。被告の食事におかしなものが混入される。被告は、植物人間と化す。

この「口封じシステム」は、オウム事件の際に存在が露呈した。警視庁は、本当は覚醒剤プラントだった第7サティアンを、ろくに裁判も進まないうちに、証拠隠滅のために取り壊した。東京地検は、半島ヤクザと北朝鮮が係わっていたオウムの麻薬事業を隠蔽するため、オウムの薬物事犯の起訴取り下げを強行した。異例中の異例の措置だ。東京地裁は、第七サティアンがサリンプラントだったと偽るために、弁護団の追及を妨害した。オウムはとっくに創価と統一に乗っ取られていたと暴露されることを恐れた彼らは、東京拘置所の麻原の担当に、カルト刑務官を集中配置し、薬物で廃人にして口を封じた。

そして、メディアの要所要所に配置された半島カルト信者たちが、嘘を撒き散らす仕事を請け負う。その元締めは、関東軍・満鉄のフグ計画以来、ニューヨークのユダヤ権力と癒着している電通である。

ユダヤ権力は、日本を間接支配するために、創価・統一の反日・半島人人脈を使役している。統一に自民党を、創価に公明党を支配させることで、ユダヤ権力は日本の政権与党を隷属下においている。安倍晋三は、この支配システムの完成のために送り出されたユダヤ・朝鮮勢力の傀儡である。(小泉同様、日本人であるかどうかも大いに疑わしい。)野党の民主党や社民党もまた、実は、半島人脈に侵食されている。日本に日本人のための政党はない。

こういった支配システムが実在するという前提で、社会を眺めてみていただきたい。今まで見えなかったものが、次々と見えてくる。リチャード・コシミズは、自己の体験を通じて、このシステムの存在を知った。何度か命を奪われそうになりながら。


●2007年2月17日リチャード・コシミズ東京単独講演会 「リチャード・コシミズが解析する日本と世界の秘匿された構造」
主 催 : リチャード・コシミズ後援会 「独立党」
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/2.17kouenkai.htm

911とオウム事件は、世界を裏側から支配する強大な権力が、その醜悪な姿を少しばかり露呈した瞬間でした。911とオウム事件を深く追及することが、彼らの更なる目論見を暴き、阻止し、人類を危機から救うことにつながります。数百年にわたって、彼らに騙され、殺戮され、搾取されてきた我々大衆は、子孫のために、今、なにをなすべきか、一人一人が自覚し、行動に移さなくてはなりません。もう余り時間の余裕はありません。

リチャード・コシミズが、2時間たっぷり時間を使って、911とオウム事件を解析し、背後に潜む巨悪の正体と目論見を暴きます。過去の講演では時間切れで、解説しきれなかった部分にもたっぷりと時間を割き、なにが世界の真実であるのかを明確にします。2時間の講演のあとには、参加者の方からの質問の時間も一時間弱設けてあります。

●創価統一オウム朝鮮人宗教の保険金殺人
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hokesatu.htm



  

  

by d451ddpp | 2011-10-28 21:25 | 情報拡散希望
<< 転載: ユダ金が韓国から資金引... 転載; 「最近の先生の言動は対... >>