人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 世田谷でみつかった放射性物質に関してですが....

転載: richardkoshimizu’s blog 

世田谷でみつかった放射性物質に関してですが....      作成日時 : 2011/10/19 22:49

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201110/article_59.html





1)質問:「動画楽しく観させていただいています。 途中どうしても気になったことがあったのでご質問させてください。 世田谷でみつかった放射性物質に関してですが、先生は線量が高すぎて、健康に影響を及ぼすこともありうるような発言をされておりました。この間、同じ線量(3μシーベルト)のベッドシーツを購入し毎晩使用しております。使用後は寝つきが良くなりました。 今のところ健康を害するようなことは起こってないのですが、使用をすぐにやめた方がよいのでしょうか? どなたか教えていただけませんか。 よろしくお願いいたします。」

2)まず読むべき記事:

●世田谷の高放射線量…民家床下にラジウム

放射線量はこの日午前、敷地内の木の根元付近では同約8・40マイクロ・シーベルト、建物の壁面で同約18・6マイクロ・シーベルトが検出された。

同省や区によると、民家の床下から見つかったのは、木箱の中に入った数十本の試験管のような瓶など。 茶色に変色しており、中に白い粉状の物質が見えたという。がん治療などに使われるラジウム226と簡易検査の結果、判明した。

瓶の上で放射線量を調べると、毎時600マイクロ・シーベルトだったという。 同省職員が鉛容器に入れて金属管で封入し、民家の敷地境界から離れた場所に置いた。 すると敷地と道路の境界付近の放射線量は同0・1~0・35マイクロ・シーベルトにまで下がったという。

同省や警視庁世田谷署は放射性物質について適切な届け出がされていなかった可能性があるとみており、保管状況の調査を急いでいる。

半減期は1620年。同省では「民家付近を歩いて通過する程度では、年間の被曝(ひばく)線量は1ミリ・シーベルト以下にとどまり、
健康への影響を心配する状況にはない」とした。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111013-OYT1T01038.htm

3)RK総括:「3μシーベルト」のベッドシーツに問題あるわけなし。だが、「瓶の上で放射線量を調べると、毎時600マイクロ・シーベルト」となっているから、この便を抱えて毎晩寝るようであれば、全く安全とは言い切れない場合も出てくるかもということ。

お分かりいただけましたか?









         
    

by d451ddpp | 2011-10-30 20:22 | 情報拡散希望
<< 転載: 検閲しないとこんな感じ... 転載: >同意 >>