人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 野田はなぜTPP参加表明直前に足踏みしたのか?飼い主のユダ金本体に異変あり?

転載: richardkoshimizu’s blog 

野田はなぜTPP参加表明直前に足踏みしたのか?飼い主のユダ金本体に異変あり?
     作成日時 : 2011/11/10 20:23

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201111/article_33.html








野田はなぜTPP参加表明直前に足踏みしたのか?ユダ金本体に異変あり?

背後の金融ユダヤ人が「嗚呼、TPPどころじゃねぇや。イタ公のおかげで第二次リーマン・ショックが....」ということかもしれませんね。
気分屋さんも「欧州不安の深刻化、米経済にリーマン危機的打撃も=ムーディーズ」と母屋に火が回ると予測。

●イタリア国債利回り、7%台に…危険水準に突入
読売新聞 11月9日(水)20時23分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111109-00000996-yom-bus_all


【ロンドン=中沢謙介】9日の欧州債券市場では、イタリア国債が売られ、10年物国債の流通利回りは年7%超に上昇(国債価格は下落)し、ユーロ導入後の過去最高(価格は最安値)を更新した。

7%台は、債務危機に陥る「危険水準」とされるが、政局の不透明感から売りに歯止めがかかっていない。利回りは一時、7・4%台まで上昇、1997年5月以来の高水準となり、金融市場では緊張感が高まっている。

債券市場では国債の流通利回りが7%を超えると、自力での資金調達が難しくなる。ベルルスコーニ首相(75)が月内にも辞任する意向を示したことで財政再建が進むとの見方も浮上したが、市場では「新政権が財政再建を進めるかどうか見通せない」との不安もある。






●欧州不安の深刻化、米経済にリーマン危機的打撃も=ムーディーズ
2011年 11月 10日 12:01 JST

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24091020111110


[ワシントン 9日 ロイター] 格付け機関ムーディーズ・インベスターズ・サービスの米国チーフアナリスト、スティーブン・ヘス氏は9日、ロイター・ワシントン・サミットで講演し、ユーロ圏債務危機がイタリアなどの大規模国を巻き込む形で深刻化すれば、米国経済はリーマンショックのような打撃を受ける可能性があるとの見方を示した。

ヘス氏は「現下の欧州の問題が波及するとすれば、主に銀行システムを通じて波及すると考えられる」と述べ、 銀行間市場が突如、機能不全に陥り、銀行の貸し渋りが起こった2008年のリーマン破綻時と似たような状況になると予想した。

現在の銀行間市場については、「一部の銀行がギリシャ国債の減損処理などに備えるため、資金を出し渋っている」として、若干引き締まるにとどまっている、と評価したが、「しかしながら、もし危機がはるかに深刻化、たとえばイタリアを巻き込む事態、これはあくまで仮定でムーディーズの想定にはないが、万一そうなった場合、米国の金融システムに突発的に問題が生じる可能性がある」と述べた。

米金融システムに問題が起こるとすれば、きっかけは米銀が保有するギリシャ、イタリア、その他欧州の危機国債券ではなく、世界的な銀行間市場の機能不全の可能性が大きいと説明。

「米銀はリーマン危機の時よりはるかに強くなっており、政府による救済が繰り返されることはない」と述べた。

ムーディーズは現在、米国の格付け見通しを「ネガティブ」としており、スタンダード&プアーズ(S&P)に続き米国の最上級評価を下げる可能性があるが、ヘス氏は、ムーディーズが米大統領選挙や2013年度予算、ブッシュ減税の行方に関連した「政策環境」などを踏まえて決定するため少なくとも2012年末まで状況分析を続ける可能性を示唆した。









    

by d451ddpp | 2011-11-15 21:31 | 情報拡散希望
<< 転載: TPPユダ金救済特別作... 転載: 「創価学会は北朝鮮宗教... >>