人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 中国のステルス戦闘機より劣るロッキードF35を買い、ステルス技術を貰っても意味ない?

転載: richardkoshimizu’s blog 

中国のステルス戦闘機より劣るロッキードF35を買い、ステルス技術を貰っても意味ない?
      作成日時 : 2011/11/18 06:17

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201111/article_71.html









中国のステルス戦闘機より劣るロッキードF35を買い、ステルス技術を貰っても意味ない?

それにしても、唯一、独占状態だった「軍事産業」でも米国は凋落していたんですね。米国ユダヤ人は、ステルス技術供与を餌に日本にF35を押し付けて、対中包囲網の一角に縛り付けようとしているようですが、中国よりも劣った技術などいらないのでは?

●中国J-20ステルス戦闘機F35以上の性能!米国研究期間による
http://wadaiofnews.blog.fc2.com/blog-entry-51.html


●中国 ステルス戦闘機『殲20』、数週間以内に初飛行か 2010-12-30
http://freeride7.blog82.fc2.com/blog-entry-1422.html


そもそも中国の戦闘機開発は、ユダヤ・イスラエルの技術供与で進められたもので、もともとの機体は米イスラエル共同開発のもの。それを中国がさらに進化させてJ-20を作ってしまった。中国を21世紀の冷戦の相手に育てるためにイスラエル経由で戦闘機技術をこっそり流したら、オリジナルを超えるものを作ってしまったということ?

●ユダヤ米国の裏支援のおかげで中国で新鋭戦闘機が完成w
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201110/article_4.html


それにしても、日本はなぜいつまでたっても独自開発できないのか?なぜ、三菱重工は早期の独自開発に積極性を見せないのか?デビ爺から諦めるように命令されたのか?それに、ステルス技術自体、破られつつあるのだから、今後意味がなくなるばかりでは?総合的に見て、反ステルス技術の開発に専心し、「反ステルス技術搭載の純正国産戦闘機開発」に向かうべきでは?

(どーしてもステルス機がほしければ、北朝鮮で作ってますよ。木製複葉機であまりに飛行速度が遅いのでレーダーで捕捉できないし。それにしても、この写真につけた解説文、北朝鮮似非右翼は怒り心頭でしょうね。w)







ロッキードは一機100億円以上かかるはずのF35を51億円でできると言っているようだけれど疑わしい。「あ~台数がまとまったらの話ね」では?

この分野に詳しい方、分析をお願いします。

なんだか、アメリカが国家破綻して軍事産業からも撤退して世界の脅威でなくなれば、中国も対抗措置としての兵器開発が必要なくなるから、戦闘機も重要性がなくなって世界は平和に向かいますね。最低限の防衛力は必要ですけれどね。

●ステルス機の生産技術提供へ=F35、日米政府合意条件―ロッキード社長
時事通信 11月17日(木)21時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111117-00000144-jij-soci


防衛省の選定作業が大詰めを迎えた航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)をめぐり、レーダーで捉えにくいステルス性が売りのF35戦闘機を推す米ロッキード・マーチンのクリストファー・クベシック社長兼最高執行責任者(COO)が17日、都内で時事通信の単独インタビューに応じ、日米両政府が合意すればステルス機の生産技術を日本側に提供する意向を明らかにした。同社首脳がFXに関連し国内メディアの取材に応じたのは初めて。

日本のステルス技術は機体形状や素材などの基礎研究段階にとどまり立ち遅れているのが現状。量産化技術の移転は、将来の国産戦闘機開発を目指す防衛省に高く評価される可能性がある。

クベシック社長はステルス機の生産技術について、「非常に複雑で精度が高く、機体表面の処理など一つ一つが(従来機とは)違う」と説明。完成時の機体には継ぎ目のない精密さが欠かせず、手作業の工程を減らす高度な技術が必要という。

同社は機体の最終組み立てなどを日本側に認める方針を示していたが、こうした機密性の高い生産技術に関しても、「日米両政府が合意すれば、日本の産業界に開示されていくと思う」と述べた。







   

by d451ddpp | 2011-11-26 21:30 | 情報拡散希望
<< 転載: 前原裏社会代理人誠司さ... 転載: 世界のカネが日本国債買... >>