人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: サッカーワールドカップ北朝鮮戦:負けてよかったです。

転載: richardkoshimizu’s blog 

サッカーワールドカップ北朝鮮戦:負けてよかったです。       作成日時 : 2011/11/18 15:27

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201111/article_74.html









サッカーワールドカップ北朝鮮戦:負けてよかったです。

試合後の報道に接して改めて北朝鮮という国家の異常さに愕然としました。はっきり言います。この地球上に存在してはならないサイテーの国家です。

日本チームは入国時、審査に4時間待たされ、そのうち3時間は立ったまま。壁に寄り掛かるとかすると、「共和国の財産に触るな。」。

宿泊した北鮮最高級のホテルの部屋の壁はガラス張り。外から見張られているようで落ち着かず、一部の選手は恐ろしくなって、二人一部屋で寝たとか。当然ながら鏡マジックミラー)の向こうには監視役が座っていたと見るべきです。

当然、選手は睡眠不足。各フロアーに4.5人の軍人が監視役。選手が声をかけても無言。

競技場は異様な歓声が鳴りやまず。緊張と睡眠不足でフラフラの日本選手は満足に戦えない。結果、敗北。

だが、もし勝っていたらどうなったか?あの恐ろしい国の愚民が襲いかかったかもしれない。実際に、バスへの投石もあったと聞く。負けてよかった。だから無事に帰ってこられた。ホーム戦の時があったら200:0位で勝ってくださいね、ザック・ジャパン。w

そんな中で、感心したのが、在日朝鮮人で北朝鮮チームに加わっているチョン・テセ君。2006年から5シーズン、川崎フロンターレに所属して今はヨーロッパで活躍中。川崎のファンには絶大な人気。日本の中心選手とも親交があり、違和感なく融和している。彼の試合後の言動。(ツイッター)

「北朝鮮のチームメートの勝利への鬼気迫る気迫と一体感を見て、「相手選手へのファールなどに罪悪感を感じている自分はそこに立つ資格がないと感じました」

「勝利は嬉しかったしプレイも全力でしたがこの6年間で日本代表に対しての心境が大きく変化してる事を実感しました」

「試合前に日本の国歌が流れた際、観客からブーイングが起こったことにも言及。両国の歴史を考えると理解できなくもないとしながらも、「政治とスポーツは別と唄い続けてる僕としては悲しく心苦しかったです」と自身の持つ信念と相反する行為に心を痛めており、「ブーイングに関してはみんなの怒りが収まるとは思いませんが僕は申し訳ない気持ちでいっぱいです」と、謝罪の気持ちをつづっている。」

彼は、これらの言動が故に二度と北朝鮮チームには呼ばれないであろう。私は、この清々しい、常識の備わった在日青年にエールを送る。君は我々の仲間だよと。







    

by d451ddpp | 2011-11-27 21:21 | 情報拡散希望
<< 転載: 人間の屑の研究 転載: こんなご意見をいただき... >>