人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 政府発行紙幣必要論者:戦費調達・日本から無尽蔵に資金を引き出す・ハイパーインフレ誘導が目

転載: richardkoshimizu’s blog 

政府発行紙幣必要論者:戦費調達・日本から無尽蔵に資金を引き出す・ハイパーインフレ誘導が目的かと。       作成日時 : 2011/12/06 10:44

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201112/article_35.html









政府発行紙幣必要論者:戦費調達・日本から無尽蔵に資金を引き出す・ハイパーインフレ誘導が目的かと。

優秀なみなさんのコメントの一部を再掲します。

2011/12/6 10:09

「政府紙幣について、どんなに「地域限定」「使用期限あり」と限定してユダ金の資金源にならないよう考慮したところで、こんなにコンピューターや金融市場が発達した現在では、ユダ金お得意の「金融工学を駆使した証券化」によって「政府紙幣自体」が金融市場に容易に組み込まれてしまう気がしました。他の発展途上国の政府紙幣なら、恐ろしくて金融商品として価値が無くても、日本国の政府紙幣なら、どんなに流通性を落としてもそれなりに金融市場で信用されてしまうかもしれません。 「金融市場が発達したこと」と、「ユダ金の尻に火が付きすぎていること」が過去のリンカーンやケネディの時代や小渕政権の時との違いでしょうか。 日本なら自分に従う売国奴ばかりだし、日本国民は金融知識に大変疎いので、やってみようと思ったのかもしれません。 サブプライムローンが「サブプライム危機」を引き起こしたように、安易な審議・審査で発行できてしまう日本発の政府紙幣が、将来また大規模な金融危機を引き起こしてしまうかもしれません。」

政府紙幣はサブプライム

2011/12/6 07:50

「そうなんです。 無駄な長文書きとか今回の政府発行紙幣信者とか読むのが大変です。 長いだけではなく説得力ゼロで完全に論破されているのに再び長々と。 泣きながらコメントしている様が目に浮かびます。 うるさいハエだな…全く。」 ハラ

2011/12/6 06:43

「野豚が紙幣を発行した日には、日本円が紙くずになります。」 ぽん太

2011/12/6 05:35

「野田らユダ金の飼い犬が、年内に消費税増税と騒いでいるのは、表向き復興財源捻出が世論を納得させるであろう理由の一つとなっているが実際は、国民世論の反対を理由に政府発行紙幣を発行する足がかりにするのでは? そして実際使われる用途は、政府発行紙幣発行後しばらくして極東騒乱が勃発し復興財源どころか戦費に使われるシナリオが有ったりしてね。」

万人斬り

2011/12/6 01:42

「要は、ユダ金にとり例えば日本を現状維持の長期デフレ傾向に措いた方が良いのか、紙幣を乱発させてハイパーインフレに持ち込んだ方が得策なのか、という点なのである。仮にユダ金が日本関連の債権(国債・社債等)や円建て資産(主に現金預金)等を大量に保有している場合には、其等が紙屑に帰すハイパーインフレ等望まんだろうし、一方日本の銀行等から借金して其で投資に振り向けている場合には、ハイパーインフレが得策と、考えるかも知れない。 」アルザル

2011/12/6 01:15
「更に田中派の頃までは国債はゼロ。それが細川政権あたりから、350兆で国が潰れるとか、武村正義官房長官等が騒ぎ出しました。今は1000兆ですか。  小泉竹中に至っては緊縮をやると言って、200兆も増やしてますね。ユダヤにプレゼントです。  どの道わながあるのは事実です。 1、今のようにわざと緊縮をやり不況を作出して、株など全部ユダヤに献上。更にTPPで完全売国。 2、すると政府紙幣で戦争によるハイパーインフレでユダヤの借金も何も全部ごまかす。  この二つの罠が考えられます。」
MR.Tだからそのソースを示せ。

2011/12/6 01:04
「意図的なデフレさんのコメントはとても完成度が、高いと感じました。 日銀券と政府紙幣の違いにこだわっている人がいるようですが、ここで議論されているのはそんなことではないのです。 このブログに参加されている方は、両者の違いくらいは理解していますよ。また、過去の大戦で、日本がどのように軍費を調達したかもよくご存じだと思います。その上で、コメントだということをご了承いただきたいです。 「問題の本質は、民主制が形骸化して事実上の傀儡政権であることが最大の問題。政府通貨が問題ではなく、その発行体が問題」 ← ここがポイント、よーく読んで理解して下さい。」偽装春曲丼阻止!








   

by d451ddpp | 2011-12-25 21:45 | 情報拡散希望
<< 転載: 「、ハザ金の逆鱗に触れ... 転載: 創価学会と麻薬 >>