人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 当然のことですが、「はやぶさ」が2011年の科学十大発見に選ばれました。

転載: richardkoshimizu’s blog 

当然のことですが、「はやぶさ」が2011年の科学十大発見に選ばれました。    作成日時 : 2011/12/24 13:10

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201112/article_94.html








当然のことですが、「はやぶさ」が2011年の科学十大発見に選ばれました。

「月に人類が行ったことにした」某詐欺国家とは格が違います。「人類初の快挙」です。ユダ金が「はやぶさ」予算を削らせようと必死になっているようですが、「実力の差」は歴然です。そして、わが国には「嘘で功績を捏造する」類の卑劣な文化は存在しません。

ユダ金国は「金融工学の破綻」で「馬鹿の十大破綻」でも受賞していてください。

●日本から「はやぶさ」など2件…科学10大発見
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111223-OYT1T00477.htm

【ワシントン=山田哲朗】米科学誌サイエンスは23日付の最新号で、2011年の科学研究における10大発見を発表した。

日本からは、小惑星探査機「はやぶさ」の成果と、光合成の謎に迫った神谷信夫・大阪市立大教授、沈建仁・岡山大教授の研究が選ばれた。

はやぶさについて、同誌は「驚くべき成功を収めた救出ミッション(作戦)で、運用者は大失敗の瀬戸際から何とか探査機を引き戻した」とし、持ち帰った試料により小惑星や隕石いんせきの研究が進んだことを評価した。

一方、神谷教授らは植物の水分解反応(光合成)で触媒の役割を果たすたんぱく質複合体の構造を解明した。人工光合成の足がかりとなる成果で、同誌は「水を分解して燃料電池で使う水素を作り出すなど、クリーンエネルギー源の開発の鍵を握る」と評価。研究が発展すれば環境問題を解決できると予測する。(2011年12月24日01時26分 読売新聞)

by d451ddpp | 2012-01-13 21:45 | 情報拡散希望
<< 転載: 創禍学会の保険金 詐欺... 転載: 「斎藤容疑者の部屋から... >>