人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ●アレフ関係者ら聴取へ…平田容疑者、爆破事件「責任取る」

転載: richardkoshimizu’s blog 

●アレフ関係者ら聴取へ…平田容疑者、爆破事件「責任取る」      作成日時 : 2012/01/04 08:46

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_7.html





●アレフ関係者ら聴取へ…平田容疑者、爆破事件「責任取る」

平田容疑者の潜伏を助けた「支援者」を警視庁は追及する方針だそうです。はいはい、言わなくてもわかっています。オウム事件の真相隠蔽で大活躍した警視庁は、本命である「創価学会」「統一教会」だけは対象からはずした任意聴取をやるわけですね。結果、支援者が誰であったかは分からずじまいとなる予定ですか?

もし、オウム関係者に匿われていたなら、警察の監視の目に触れないわけがない。朝鮮創価、朝鮮統一が庇護者なら逃げおおせますよ。

警視庁さん、猿芝居、どうぞお続けください。


●アレフ関係者ら聴取へ…平田容疑者、爆破事件「責任取る」
産経新聞 1月4日(水)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120104-00000039-san-soci

オウム真理教元幹部の平田信(まこと)容疑者(46)が逮捕された東京・目黒公証役場事務長、仮谷清志さん=当時(68)=監禁致死事件で、警視庁は3日、平田容疑者の逃亡を長期間にわたり手助けした支援者がいるとの見方を強め、教団主流派団体「アレフ」の関係者などから任意で事情聴取する方針を固めた。平田容疑者は逃亡当初、教団側から逃走資金を受け取り、女性信者(49)と一時潜伏していた形跡があることから、アレフなど教団関係者からの任意聴取は不可欠と判断したとみられる。

一方、宗教学者の島田裕巳さん(58)の元自宅が爆破された事件について、平田容疑者が「そのことについて責任を取るために来た」と関与を認める説明をしていることが3日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は爆発物取締罰則違反容疑で再逮捕する方針。

警視庁によると、平田容疑者は潜伏先について「人に迷惑がかかるから言わない」と話した。職業については「働いていない」としたが、現金約10万円を所持していた。整形手術も施さず、容姿は手配時とほぼ変わっていなかった。

警視庁はこうした状況から、1人で16年10カ月にわたり逃亡を続けることは困難で、逃亡を手助けした支援者がいるとみている。任意聴取はアレフなど教団関係者のほか、平田容疑者の知人らも対象に幅広く行われるとみられる。聴取は参考人としてだが、支援者と判明すれば犯人蔵匿や犯人隠避罪が適用される可能性もある。

また、「仮谷さんを拉致した車に複数の元教団幹部らが同乗していた」と供述したことも、捜査関係者への取材で分かった。平田容疑者が挙げた人物は井上嘉浩死刑囚(42)らで、警視庁は平田容疑者の役割などについて事情聴取する方針。







    

by d451ddpp | 2012-01-14 21:47 | 情報拡散希望
<< 転載: プーチン支持デモという... 転載: 金正恩体制は確立されるか? >>