人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 12年度予算案、国債割合49%…過去最悪

転載: richardkoshimizu’s blog 

12年度予算案、国債割合49%…過去最悪      作成日時 : 2011/12/25 10:22

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201112/article_100.html





12年度予算案、国債割合49%…過去最悪

ユダヤ金融悪魔による日本経済弱体化計画は、311ユダヤ大量虐殺テロで新たなステージに。復興財源が歳入不足状態を悪化させ、「国債依存はこれ以上無理」といったムードが作られる。さらに消費税増税10%化で消費マインドは零下温度に冷え込み、景気後退。結果、税収激減。財源がどこにもなくなる。

そして、万を持して自民党ユダヤ傀儡清和会・みんな路頭あたりが、「政府発行紙幣」を言い出す。一見、財源確保の妙案に見えるので国会で承認されるかもしれない。承認されたら最後、「極東戦争財源」を手に入れた裏社会は、日中戦争を大展開。政府発行紙幣で軍事費使い放題。大戦争へ。

かつてリンカーンの発行した政府発行紙幣は、明らかに「南北戦争の資金調達」が目的だった。太平洋戦争中、日本軍が大陸で発行した「朝鮮銀行券」などの軍票も戦争遂行資金調達のためであった。

政府発行紙幣も平時なら有効かもしれない。だが、いま導入を叫ぶ連中は極東戦争を待望するユダ金の手先のごろつきだ。目的は「戦争」でしかない。

戦争遂行資金がなければ、戦争は起きない。そして、日露戦争当時のようにロスチャイルド系金融ユダヤ人がカネを貸してくれる状況にはない。ユダヤ人が逆に金詰りで窒息状態の今は。政府発行便所紙に騙されてはならない。

●12年度予算案、国債割合49%…過去最悪
読売新聞 12月25日(日)8時51分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111225-00000113-yom-bus_all

政府が決めた12年度予算案で、一般会計の歳入のうち国債の占める割合は49・0%で当初予算として過去最悪だ。

新たな借金を示す新規国債発行額は前年度並みの44兆2440億円で、税収42兆3460億円を上回り、異常事態が3年続く。

一般会計総額は11年度の当初予算に比べ2・2%減の90兆3339億円で、6年ぶりに前年度を下回る。しかし、基礎年金の国庫負担分の一部と、東日本大震災の復興費を別枠にしており、これらを加えると実質的に過去最大だ。

基礎年金の国庫負担の財源不足額2兆5882億円は、「年金交付国債」を発行することで財源確保を先送りした。震災の復興予算は3兆7754億円で、新設する復興特別会計に計上する。最終更新:12月25日(日)8時51分







  

by d451ddpp | 2012-01-15 21:26 | 情報拡散希望
<< 転載: 意味不明。説明乞う。 転載: プーチン支持デモという... >>