人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 平田容疑者「ずっと国内」…支援者解明急ぐ警察

転載: richardkoshimizu’s blog 

平田容疑者「ずっと国内」…支援者解明急ぐ警察      作成日時 : 2012/01/04 16:09

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_10.html





平田容疑者「ずっと国内」…支援者解明急ぐ警察

読売ポダムCIA新聞が「平田はずっと国内にいたと話した」とわざわざ記事に。「警視庁の捜査でも平田容疑者が海外に渡航した形跡は確認されておらず」というが、オウムの背後の北朝鮮勢力は、日常ごく普通に密入出国している。

現在も100名前後の北鮮工作員が日本に潜伏していると思われるが、「渡航した形跡」など勿論残っていない。北朝鮮の傀儡のオウム信者だった平田も同じこと。CIA新聞も創価警視庁も、RKブログを気にして、わざわざ隠蔽記事を書いているのか?ふざけるな。

●平田容疑者「ずっと国内」…支援者解明急ぐ警察
読売新聞 1月4日(水)3時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120104-00000094-yom-soci

オウム真理教による目黒公証役場事務長、仮谷清志さん(当時68歳)拉致事件で、警視庁に逮捕監禁致死容疑で逮捕された平田信(まこと)容疑者(46)が接見した弁護士に対し、17年近くに及ぶ逃亡生活について、「ずっと国内にいた」と話していることがわかった。

警視庁の捜査でも、平田容疑者が海外に渡航した形跡は確認されておらず、同庁は、国内で逃亡を支援していた人物がいるとみて、足取りの解明を進めている。

捜査関係者によると、平田容疑者は、1995年3月22日に行われた山梨県上九一色村(現富士河口湖町)の教団施設への一斉捜索の直前、教団から1000万円を受け取って逃亡。その後、元看護師の女性信者(49)と一緒に行動していたことが確認されており、96年にはJR東京駅で一緒に東北地方に向かう姿が目撃されていた。. 最終更新:1月4日(水)3時20分








   

by d451ddpp | 2012-01-21 21:27 | 情報拡散希望
<< 転載: 朝鮮ホモウヨ 転載: ●「教祖死刑は当然」 ... >>