人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 「福島第1原発:最悪シナリオ封印 菅政権、なかったことに」

転載: richardkoshimizu’s blog 

「福島第1原発:最悪シナリオ封印 菅政権、なかったことに」      作成日時 : 2012/01/22 11:45

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_91.html








「福島第1原発:最悪シナリオ封印 菅政権、なかったことに」

「放射性物質の断続的な大量放出が約1年続くとする「最悪シナリオ」を記した文書」が姦直人政権の手で握りつぶされていた?

当たり前じゃないですか。福島エアー事故の背後関係を知っていた姦さんたちは、実害などほとんどないことを知らされていた。だから、「大惨事」の危機を専門家がレポートしたところで、真面目に対応などするわけがない。エアー事故をいかに事故らしく見せるかの方に専心しなくてはいけないのだから。

ということで、事故当初、大惨事の危機が叫ばれていたにもかかわらず姦さんの官邸が不思議に冷静で無反応であったのも至極当然なのでした。

●福島第1原発:最悪シナリオ封印 菅政権、なかったことに
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120122k0000m010073000c.html

東京電力福島第1原発事故で作業員全員が退避せざるを得なくなった場合、放射性物質の断続的な大量放出が約1年続くとする「最悪シナリオ」を記した文書が昨年3月下旬、当時の菅直人首相ら一握りの政権幹部に首相執務室で示された後、「なかったこと」として封印され、昨年末まで公文書として扱われていなかったことが21日分かった。複数の政府関係者が明らかにした。

民間の立場で事故を調べている福島原発事故独立検証委員会(委員長・北沢宏一前科学技術振興機構理事長)も、菅氏や当時の首相補佐官だった細野豪志原発事故担当相らの聞き取りを進め経緯を究明。(共同)

by d451ddpp | 2012-02-14 21:16 | 情報拡散希望
<< 転載: 伝単です。ご自由にご利... 転載: クラス7、チェルノブイ... >>