人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ユダヤ国家:フィリピン使って対中刺激。もはや見境なし。

転載: richardkoshimizu’s blog 

ユダヤ国家:フィリピン使って対中刺激。もはや見境なし。     作成日時 : 2012/01/26 18:04

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_111.html





ユダヤ国家:フィリピン使って対中刺激。もはや見境なし。

ユダヤ米国にはなんの関わりもない南シナ海の領有問題で、強引にしゃしゃり出てフィリピンと軍事協議を進める卑しい戦争国家。

そんなに戦争がしたいのか?戦争ができないと国が潰れるからだろう。早く潰れろ、放蕩国家。

(1)フィリピンと米国が軍事協議、中国の領有権主張に対抗=報道
ロイター 1月26日(木)16時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120126-00000082-reut-int

[26日 ロイター] 26日付の米ワシントン・ポスト紙は、南シナ海で中国が領有権の主張を強めているのを受け、フィリピン政府と米政府が、フィリピン国内での軍事的プレゼンス拡大を協議していると報じた。フィリピンからは約20年前に駐留米軍が撤退している。

米国は過去数カ月の間に、オーストラリア北部に海軍基地を置く計画や、シンガポールに最新鋭の沿海域戦闘艦を配備する計画を相次いで発表している。

ワシントン・ポストは、米国とフィリピンの軍事交渉は初期段階とした上で、両国政府筋の話として、双方は合意に向けて前向きだと伝えている。26・27日にもワシントンでの話し合いが予定されており、3月にはさらなる高官級協議も計画しているという。

交渉に関わっているフィリピン側の高官は「われわれは地域の平和と安定を望んでいる。中国との対峙(たいじ)や対立は誰も望んでいない」と述べた。

一方、フィリピン国防省の報道官はロイターの取材に対し、米国とは合同演習の強化について協議しているが、米軍配備の計画は一切知らないと語っている。

(2)放蕩野蛮人国家、ユダヤ米国の残飯を漁って生きている人もいるようで、ヤクザの親分が破綻すると自動的に沈没確定のチンピラも、なりふり構わずモードですね。とてもわかりやすい。

2012/1/26 16:12

へぇ~。何で会議室をアメリカ大使館前の 共同通信会館で借りないのですか? 馬鹿ですか?チキンですか?ケチですか?リサーチ不足ですか? どれですか?全部ですか?

210.164.226.243
鉄板焼き@teppanyaki0


2012.1.28(土)はRK東京虎ノ門講演会です...




  

by d451ddpp | 2012-02-21 21:34 | 情報拡散希望
<< 転載: 人間の屑の研究 転載: 「日本の消費税15%に... >>