人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 消費増税は、「不況を深刻化」させるのが目的です。

転載: richardkoshimizu’s blog 

消費増税は、「不況を深刻化」させるのが目的です。      作成日時 : 2012/02/03 11:26

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201202/article_6.html





消費増税は、「不況を深刻化」させるのが目的です。

野田の背後のユダヤ人がそれを望んでいる。日本経済をダメリカ並みに悪くしておかないと心配で夜も眠れないんです。だから、野田は飼い主様のご意向に唯々諾々と従う。それだけのことです。もうみんなわかっています。「野田は馬鹿」なのはあたりまえですが、馬鹿である前に「犬コロ」なんです。情報感謝。

●イトーヨーカドー鈴木敏文会長:

「大事なのは、消費者が財布のヒモを緩める景気回復や給料アップにつながる政策」

「景気が悪く、給料は下がり、就職口もないデフレ不況の中で消費増税をやったら、ますますモノを買わなくなり、不況は悪化する」

鈴木会長、言うべきことをもっと大声で直言してください!

野田首相は妄想患者だ 消費増税で確実視される国民の悲惨
(日刊ゲンダイ2012/1/10)

なぜそんな根拠のない理屈でこの大不況時に消費増税を強行しようとしているのか

よりによって、どうしてこの大不況の時に増税が必要なのか。消費税増税にシャカリキの野田首相を見ていると、クビをかしげることばかりだ。
イトーヨーカドーやセブンイレブンの経営トップである鈴木敏文会長は月刊誌「文芸春秋」1月号でこう語っていた。
〈政府はいまだに消費者心理の機微を弁えず、机上の計算で財政赤字を埋めようとしている。消費者の生活実態から遊離し、頭ごなしに出てくる「消費税10%」案はその最たるものではないか。増税で財政再建をなしえた国はありません〉

そういうことだ。大事なのは、消費者が財布のヒモを緩める景気回復や給料アップにつながる政策なのに、そこが分かっていない。税率を5%から10%に引き上げれば13兆円の税収増だと勝手に財務省はソロバンをはじいているが、そんな机上の計算通りになったケースは古今東西ないと鈴木会長は注文をつけているのだ。景気が悪く、給料は下がり、就職口もないデフレ不況の中で消費増税をやったら、ますますモノを買わなくなり、不況は悪化するだけだ。

だが、こうした不況加速論に耳をふさぎ、野田首相や安住財務大臣はこう強調している。
「消費税を上げないと日本の国債が格下げされ、金利が上がってギリシャと同じように財政が破綻する」――。  大新聞も御用学者もテレビコメンテーターも同じことを言うが、そもそもこの言説がテンでおかしいのだ。






    

by d451ddpp | 2012-02-27 21:24 | 情報拡散希望
<< 転載: 「ヨーカドー・セブンイ... 転載: ブラジルでビル3棟が倒... >>