人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 米四大紙のひとつが 「イスラエルは世界平和にとって脅威」と極めて正しい認識を示した。

転載: richardkoshimizu’s blog 

米四大紙のひとつが 「イスラエルは世界平和にとって脅威」と極めて正しい認識を示した。   
  作成日時 : 2012/03/01 10:51

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201203/article_2.html









米四大紙のひとつが 「イスラエルは世界平和にとって脅威」と極めて正しい認識を示した。

1.「イスラエルは、核爆弾を保有することから、世界の平和にとって最大の脅威である」

2.「イランが核爆弾を製造できたとしても、パレスチナや中東諸国においては、イスラエルの核ミサイルに対する懸念の方が大きい」

3.「イランが核爆弾を製造する意向がないことを表明したのみならず、これまでに一度もイスラエルに対し、軍事攻撃を示唆していない一方で、イスラエルは逆に何度も、軍事攻撃を示唆してイランを脅迫し、しかも既に核爆弾を保有している」

至極まともな論評であるが、これがいままで書けなかった。米国で一体何がおきているのか?ユダヤ金融悪魔がついにメディアコントロール力を失ったのか?今後、次々とユダヤのタブーが書かれる事を期待する。WTC救援者のその後の「癌集団発症」をぜひとも記事に!LAタイムス頑張れ!情報感謝。

●米紙、「イスラエルは世界平和にとって脅威」
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=25914:2012-02-26-13-50-21&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116

アメリカのロサンゼルス・タイムズが、「イスラエルは、世界平和を脅かす存在である」と報じました

ファールス通信の報道によりますと、ロサンゼルス・タイムズは25日土曜付けの記事において、「イスラエルは、核爆弾を保有することから、世界の平和にとって最大の脅威である」としています。

また、「仮に、イランが核爆弾を製造できたとしても、パレスチナや中東諸国においては、イスラエルの核ミサイルに対する懸念の方が大きい」としました。

さらに、「肝心なのは、イランが核爆弾を製造する意向がないことを表明したのみならず、これまでに一度もイスラエルに対し、軍事攻撃を示唆していない一方で、イスラエルは逆に何度も、軍事攻撃を示唆してイランを脅迫し、しかも既に核爆弾を保有していることである」と報じています。

この問題に注目した場合、イランと、現に様々な措置により世界を危機や危害に陥れているイスラエルのいずれが、世界の平和にとってより脅威的といえるか、という疑問が浮上してきます。

国際弁護士で、政治アナリストでもあるフランクリン・ラム氏も、「アメリカは、イランに制裁を行使することで、イランのイスラム体制の転覆を狙っている」と語りました。

また、25日土曜、プレスTVとのインタビューにおいて、「アメリカの情報アナリストらは、イランが核兵器の獲得を追求しているとは考えておらず、アメリカによる対イラン制裁は、イランの現体制の転覆を狙ったものであるとみている」と述べています







   

by d451ddpp | 2012-03-20 21:52 | 情報拡散希望
<< 転載: 福島原発三号炉の偽装水... 転載: 創価朝鮮邪教とロックフ... >>