人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: シリア反体制派=ユダヤ侵略軍、ユダ金の金欠で武器弾薬調達できず。シリア中部の拠点から撤退。

転載: richardkoshimizu’s blog 

シリア反体制派=ユダヤ侵略軍、ユダ金の金欠で武器弾薬調達できず。シリア中部の拠点から撤退。     作成日時 : 2012/03/02 13:37

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201203/article_13.html





シリア反体制派=ユダヤ侵略軍、ユダ金の金欠で武器弾薬調達できず。シリア中部の拠点から撤退。

所詮は、「大イスラエル帝国捏造」のために贋造されたシリア内戦。反体制派に実体などなく傭兵集団がカネを貰えないから戦わないだけのこと。武器弾薬もユダ金無力化で調達できず。

ユダ金の伝家の宝刀、「戦争捏造」プロジェクトももはや機能せず。ざまあ、ご覧になってくださいませ。

<シリア>反体制派、拠点都市撤退…武器、弾薬不足で
毎日新聞 3月2日(金)12時16分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120302-00000039-mai-int

【エルサレム花岡洋二】シリアの離反兵士で作る「自由シリア軍」など反体制派の武装組織は1日、シリア中部ホムスのバーブ・アムロ地区から撤退した。組織の幹部は毎日新聞の取材に「武器と弾薬が不足し、地区の根絶を宣言したアサド政権から市民を守るため、戦術的に撤退する」と語った。自由シリア軍は声明で、逃げ遅れた住民の保護を国際機関に求めた。

政権側の公式発表はないが、ロイター通信によると、政権に近いシリア人アナリストのタレブ・イブラヒム氏が「(米仏やカタールなどの)陰謀に対する、シリアの最終的な勝利に向けた第一歩だ」とテレビに語った。

赤十字国際委員会は、シリア赤新月社などの救助隊が地区へ2日に、食料や医薬品を運び込むと発表した。政府が1日、許可した。委員会の広報担当者、ハッサン氏は「人道的な状況は悪化している」とコメントした。

ホムスは首都ダマスカスから約160キロ北にある、同国3番目の都市。レバノン国境に近く、物資を密輸入しやすい位置にあったことから、バーブ・アムロ地区が反体制派の拠点になっていた。









    

by d451ddpp | 2012-03-24 21:05 | 情報拡散希望
<< 転載: 「念願かなっての与党」? 転載: 「創価学会は北朝鮮宗教... >>