人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 「日本経済が世界2位の座を取り戻すのは容易」

転載: richardkoshimizu’s blog


「日本経済が世界2位の座を取り戻すのは容易」      作成日時 : 2012/03/16 17:26


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201203/article_86.html








                      


                    


「日本経済が世界2位の座を取り戻すのは容易」

日本経済の破綻を喧伝する声が大勢を占める中で、中国の学者さん、いとも平易に「日本はすぐにも世界二位の座を取り戻せる」と解説。

考えてみれば仰るとおりかも。海外生産拠点の建設で、海外資産が5.6兆ドル。日本国債の健全性にも先生は太鼓判。日本が世界2位に返り咲きたければ、「日本企業の海外売上を本社名義にするだけ」でいいと。

外から冷静に見ると悪くない日本経済。なんとか悪く見せたい、悪くして安く買い叩きたいのが、ロックさんと取り巻きの詐欺師たち。

この程度の単純な話かもしれませんね。それにしても311テロまでやって必死に日本の価値を見掛け上押し下げたい強欲金融ユダヤ人のみなさん、恥ずかしくないですか?惨めになりませんか?カッコ悪いと思いませんか?

良く、生きていられますね。日本人なら耐えられないです。「恥」って意味分かりますか?

●日本経済が世界2位の座を取り戻すのは容易(2)=中国人有識者
サーチナ 3月16日(金)16時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120316-00000043-scn-cn

中国商務部研究院・日本問題専門家の唐淳風氏はこのほど、日本が世界第2位の経済大国の座を取り戻すのは容易だと論じた。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同氏の発言より。

日本はプラザ合意で円高が進み、輸出にブレーキがかかった。いわゆる「失われた20年」は国際的な圧力に対して放った煙幕弾だった。事実、円高による為替相場の高止まりによって日本の産業と金融投機が海外に移転、以前は原材料を日本に輸入して製品を生産した後、再輸出する経済成長のパターンだったが、原材料の産地または製品の消費国で生産・販売するようになった。海外資産は2000億ドルから今では5兆6000億ドルに増加。一方、国内経済も依然として成長を続けている。

日本国債の問題に関してはまったく外部の誤解といえる。日本の国債データは累計数、いずれも増益型国債で、発行される国債が毎年生み出す利益は元利払のほかに利益剰余金がある。日本国債は毎年の運用状況を調べることができる。債務で債務を補い、国には負担がかからないばかりか、利益まで出している。

西側諸国が発行する公共消費型国債、つまり納税者の税収で返済するのとは違う。しかも日本は国債違約のリスクがないだけでなく、問題があったとしても、負債を回収すれば赤字の穴を埋められる。日本国債の違約を警告するのは、よく理解していないか、ほかによこしまな考えがあるかだろう。

世界第2位の地位を取り戻す問題については、日本にとっていとも簡単なことだろう。わたしはさまざまな場で繰り返し話しているが、日本経済は国内のGDPだけではなく、その世界における産業と効果も考えなければならない。国がGDPを争う必要があれば、日本企業の海外の売上データを本社名義にすればいいだけのことだ。(おわり 編集担当:米原裕子)








    



by d451ddpp | 2012-04-16 21:25 | 情報拡散希望
<< 転載: 手榴弾の投げ方教室 転載: 創禍学会の保険金 詐欺... >>