人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ●東日本大震災:原発事故後に精神科入院、被ばく恐怖「影響」24% 福島県立医大、県内の患者

転載: richardkoshimizu’s blog


●東日本大震災:原発事故後に精神科入院、被ばく恐怖「影響」24% 福島県立医大、県内の患者調査   作成日時 : 2012/03/27 10:48


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201203/article_129.html






●東日本大震災:原発事故後に精神科入院、被ばく恐怖「影響」24% 福島県立医大、県内の患者調査

「東京電力福島第1原発の事故後に福島県内の精神科に入院・再入院した患者のうち、放射線被ばくの恐怖が関連した可能性のある人は24・4%と全体の4分の1に達したことが福島県立医大の調査で分かった。」

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20120326ddm001040073000c.html

居ました、低線量放射線で入院した方々。被爆者専門内科ではなく精神科でした。 初心者 2012/03/27 02:05


やはり、福島原発が引き起こした病気は「放射線障害」ではなく「放射能パニック」だったようです。実在しない放射性被害を恐れて精神の病気になる。こちらのほうがはるかに危険ですね。(「がん」よりも「がん恐怖症」の方が実害があったりするのと似ています。)

放射線を恐れた人たちが「がん保険」を買いに列をなすんでしょうね。もちろん、ほとんどがユダヤ金融悪魔の経営する保険会社ですが。ユダ金悪魔の思う壺ですね。

放射能パニック症候群の患者さんには、↓これが一番の薬じゃないでしょうか?情報感謝。

2012.3.11_01/09 リチャード・コシミズ南相馬講演会
テーマ 「3.11人工地震津波テロ・偽装放射能汚染テロ」

http://www.youtube.com/watch?v=PSYMzlqkGTE&list=PLBE24D7281467AD47&feature=plpp_play_all




   



by d451ddpp | 2012-04-30 21:11 | 情報拡散希望
<< 転載: 制作時間1分 転載: 3.11人工地震直後、... >>