人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ハリーボッテー共和国、面目躍如。ハリボテ人工衛星公開。

転載: richardkoshimizu’s blog


ハリーボッテー共和国、面目躍如。ハリボテ人工衛星公開。    作成日時 : 2012/04/09 17:07


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_54.html








                    


ハリーボッテー共和国、面目躍如。ハリボテ人工衛星公開。

「今の時点で衛星本体をロケットに組み込んでおらず公開したということは、発射に間に合わない。」「衛星にしてはサイズが小さすぎる」「姿勢制御装置がない」とかで、馬鹿丸出し。ただの黒い箱。人ごとながら、ああ恥ずかし。
空っぽじゃなんだから、特産の覚醒剤でも入れておけ。







                        


                        


●北の衛星「はりぼて」か、箱形機械に不自然さ
読売新聞 4月9日(月)14時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120409-00000501-yom-int

ミサイル発射予告で国際的に批判を受ける北朝鮮が8日、一部の外国メディアに発射場で「人工衛星」や「衛星打ち上げ用ロケット」などを公開した。

だが、映像を見た専門家からは「衛星は『はりぼて』ではないか」「かえって不自然さが目に付いた」などの指摘が続出。発射の正当性を訴えようという北朝鮮の意図は、国際社会に簡単には通じそうもない。

報道によると、北朝鮮北西部の東倉里(トンチャンリ)のミサイル発射場では、「銀河3」を意味するハングルが書かれたミサイルが設置された。北朝鮮は「光明星3号」と名付けた衛星と称する箱形の機械も公開し、「平和的な人工衛星の打ち上げ」をアピールした格好だ。

しかし、専門家からは疑問の声が上がった。宇宙航空研究開発機構の的川泰宣名誉教授は「衛星の形はしているが、普通はロケットの組み立て前に衛星を内部に組み込む。これから入れるというのはあまりにも非効率」と指摘。さらに「北朝鮮の言う実用レベルで使うにはサイズも小さすぎる」と疑問を呈す。

科学ジャーナリストの松浦晋也さんも、「全面に太陽電池を貼った衛星は太陽光を受けるため回転させて使用する。公開された衛星は縦長で、外部に重りなどのバランスを取る装置が必要。北朝鮮にそうした技術があるかどうかは不明で、なければ姿勢が安定しない。『はりぼて』の可能性が高い」と切り捨てた。










by d451ddpp | 2012-05-23 21:29 | 情報拡散希望
<< 転載: おいら、ロボくん 転載: 人間の屑の研究 >>