人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 「日本は未来のない没落する国」キャンペーン

転載: richardkoshimizu’s blog


「日本は未来のない没落する国」キャンペーン      作成日時 : 2012/04/19 10:17


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_95.html










                       


「日本は未来のない没落する国」キャンペーン

「日本は未来のない没落する国」キャンペーンが始まっていると思います。裏社会は日本人に意欲を失わせ国家の力を減衰させたいのだと思います。野田政権のハザール人に飼われたマイノリティーたちは、「日本経済を活性化して震災費用や年金財源を税収増で賄う」という視点が全く欠如しています。経済成長についてほとんど誰も論じません。裏社会から「日本経済の破壊」を命じられているからであると解します。

ちなみに経団連も極めて悲観的な見方をして、日本は2050年までに先進国から脱落すると言い出しました。「経団連」とは「ユダヤ金融悪魔から信任された傀儡経営者の会」にすぎません。悲観的で当然です。

経済が低迷し失業率が上昇し、街に若年層や中高年の失業者が溢れます。治安は悪化します。そして国民の不満を隣国との軋轢に誘導します。軍隊が増強され失業者を吸収します。極東戦争への地ならしが進みます。

おそらく、そんな卑しいシナリオを書いていると思われます。今後も、その兆候があちこちで見えてくると思います。しかし、そんな悠長なことをやっていて、ハザール人の体力は持つのでしょうか?様々な謀略が、裏社会の息切れによって挫折し断念されていくと観測します。時間の問題です。

日本は人口の減少程度で消えていく国ではありません。日本人の叡智を発揮すれば、人口が少なかろうと世界に君臨できます。社会が安定すれば人口も増加に反転します。

長いこと貿易や製造業に携わってきた人ならわかります。日本人は特別な存在です。一時、「蛮勇」「強引」「規模」が経済的繁栄をもたらすことはありますが、長続きはしません。最終的には「誠実」「緻密」「真摯」を具備した日本が世界に返り咲きます。「SHRAP」は絶対に「SHARP」を超えることはありません。情報感謝。

2012/4/19 09:54

恥も外聞もなく。 行き着くところまで行くしかないテロビ。 先週(の話ですみません)、家の者がテレビのチャンネルをまわしていたら、外国人かき集め番組で「世界に遅れをとる日本」みたいなのをやっていました。どうでもいいことなんですが。どこから集めてきたかわからない得体の知れない統計を使っていました。家の者も「なんだこりゃ」。完全な洗脳番組。見なきゃいいんだけど、偶然でも見てしまうと気分が悪くなりまする。「クールなんだか」っていう番組も、悪いけど、なんかおかしいですね。あれは褒めてるんじゃないですね。ま、どうでもいいことです。でも、こういうのに洗脳される人が増えるのは良くないです。テロビはみんな亜米利加様様ですが、日本ぐらいじゃないのかなあ?様様は。 わたくしの周辺に放射能汚染を心配している人はいませんが、テロビ汚染(風評被害)を危惧している人はいますです。

wasabi

●経団連が「日本は2050年までに、労働人口減少のため先進国から脱落」と予想―SP華字紙 Record China 4月18日(水)13時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-00000020-rcdc-cn
17日、日本は今後40年以内に先進国から脱落する可能性が高いと予測した、日本経団連の研究機関、21世紀政策研究所による2050年までの長期予測が発表された。写真は3月、安徽省淮北市にあるアパレル工場。

2012年4月17日、日本経団連の研究機関、21世紀政策研究所(森田富治郎所長)が16日に発表した2050年までの日本と世界50カ国・地域の長期経済予測によると、日本は人口減少や市場縮小などのマイナス要素が拡大し、今後40年以内に先進国から脱落する可能性が高いと指摘された。シンガポール華字紙・聯合早報が伝えた。

同研究所が4つのシナリオに基づいて試算した「グローバルJAPAN2050年シミュレーションと総合戦略」によると、日本とは逆に中国は2030年に経済規模で米国を追い抜く見通し。2010年代にはGDP(国内総生産)ランキングで10位以内に先進国7カ国が入ったが、2030年に残るのは日・米・英の3カ国のみ。経済成長著しい中国は早くて2025年には米国に追いつくという。

日本経済が衰退する主な要因は人口減少問題が解決されないことで、今後30年で日本の労働人口は2000万人も減少すると予測された。「基準シナリオ」によると、日本経済は2030年代にマイナス成長に転じ、41年~50年のGDP成長率は年平均マイナス0.47%となる。2050年には現在世界3位の経済大国の地位をインドに譲り渡すことに。

1人当たりGDPでも、日本はアジア諸国のなかで下位に落ち込むと予測。2050年にはシンガポールが世界2位、香港4位、韓国14位、日本は18位に転落する。4つのシナリオのうち、最も見通しが暗い「悲観シナリオ」では、政府債務残高のさらなる積み上がりが経済成長の重石となり、2010年代以降マイナス成長が続くことで日本は世界のトップグループから完全に転落する。

同報告では日本の労働人口減少によるマイナス成長を緩和するために、女性労働者の参加率向上を目指すとともに、海外からの高度な人材を積極的に受け入れることを提言している。(翻訳・編集/本郷)











by d451ddpp | 2012-06-05 21:45 | 情報拡散希望
<< 転載: 平田ちゃん17年間潜伏... 転載: 「なにゆえにうその放射... >>