人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 胡錦涛氏の次の標的は、「周永康党中央政法委員会書記」。

転載: richardkoshimizu’s blog


胡錦涛氏の次の標的は、「周永康党中央政法委員会書記」。   作成日時 : 2012/04/30 09:11


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_150.html






                     


                   


                                


↑ 英国名門、ハロー校で勉学に勤しむ薄熙来前重慶市党委書記のご令息、瓜瓜(うりうり)君。両隣の女の子のパンダ化粧は、英中友好の印。w (ああ、今日も毒舌が止まらない....)

胡錦涛氏の次の標的は、「周永康党中央政法委員会書記」。

胡錦涛氏の次の標的は、「周永康党中央政法委員会書記」。江沢民ユダ金上海支部長と近い関係にあり、失脚した薄熙来前重慶市党委書記のボスに当たる人物。この共産党序列9位の幹部を葬り去ることで、次期主席、習近平はほぼ「孤立」が確定する?実質、習近平体制が始まる前に崩壊させるのが、胡錦涛氏の思惑か?

ユダ金の手先を次期政権から排除せんとする胡錦涛氏の動きは、中国の国益に叶うし、日本にとっても喜ばしいことと考えます。胡錦涛さん、任期いっぱい使って世直ししてください。ユダヤ金融悪魔と癒着したカスが、事後、蔓延らないように。

●中国:人民日報に周永康氏の演説内容掲載 薄氏と関連か
毎日新聞 2012年04月25日 20時31分(最終更新 04月25日 20時39分)
http://mainichi.jp/select/news/20120426k0000m030081000c.html?inb=yt

【北京・成沢健一】24日付の中国共産党機関紙「人民日報」は、失脚した薄熙来前重慶市党委書記の後ろ盾とも言われた政治局常務委員、周永康党中央政法委員会書記の演説内容を掲載した。周氏を巡っては、薄氏の失脚にからみ当局の追及を受けているとの情報があり、掲載で党内の動揺を抑える目的があるとみられる。

演説は治安や司法を担当する全国の政法委トップを集め、3月26日に実施。周氏は「胡錦濤同志(国家主席)を総書記とする党中央の下で緊密に団結し、第18回党大会を迎えよう」と述べ、胡主席への忠誠を表明した。

周氏は最高指導部を形成する政治局常務委員(現在9人)の中で序列9位だが石油閥と保守派を代表する実力者で、江沢民前国家主席とも近いとされる。3月の全国人民代表大会(国会)期間中に開かれた重慶市代表団の会合にも出席、薄氏の実績を高評価した。

海外の中国語サイトは、薄氏の重慶市党委書記解任を決めた会議で周氏が胡主席らと対立し、薄氏の事件が周氏にも波及するとの観測を伝えていた。








   



by d451ddpp | 2012-06-21 21:22 | 情報拡散希望
<< 転載: 「アレフの若い信者が増... 転載: 習近平一派が口封じ目的... >>