人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 起訴誘導?陸山会捜査報告、特捜部長が大幅加筆

転載: richardkoshimizu’s blog


起訴誘導?陸山会捜査報告、特捜部長が大幅加筆     作成日時 : 2012/05/07 11:56


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201205/article_24.html






読売CIA新聞ですら、東京地検特捜部長の「起訴誘導」凶悪犯罪を報道。裏社会、もはや機能不全。読売さん、いまさらまともな記事を書くまともな新聞を装っても無駄です。前科がひどすぎる。

さて、これでも裏社会御用達死帝弁護士は「控訴」するのかな?情報感謝。

●起訴誘導?陸山会捜査報告、特捜部長が大幅加筆
読売新聞 5月5日(土)11時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120505-00000181-yom-soci

陸山会事件の捜査報告書の虚偽記載問題を巡り、当時の東京地検特捜部長だった佐久間達哉検事(55)が、同部副部長が作成した別の捜査報告書について、政治資金規正法違反に問われた小沢一郎民主党元代表(69)(1審無罪)の関与を強く疑わせる部分にアンダーラインを引くなど大幅に加筆していたことが分かった。

この報告書は、虚偽記載のあった報告書とともに、元代表を「起訴すべきだ」と議決した東京第5検察審査会に提出されていた。検察当局は、当時の特捜部などに同審査会を起訴議決に誘導する意図があったかどうか慎重に調べている。

副部長が作成した報告書は、元特捜部の田代政弘検事(45)が2010年5月17日に元代表の秘書だった石川知裕衆院議員(38)(1審有罪、控訴)を任意で事情聴取した後に作成した虚偽記載のある報告書のほか、石川被告や元代表らの供述調書などの証拠を再評価したもの。

関係者によると、報告書は全部で約20ページあり、政治資金収支報告書の虚偽記入について、元代表と石川被告らの共謀を肯定する要素と否定する要素の両論が併記されている。当時の副部長が特捜部長だった佐久間検事宛てに作成したが、佐久間検事は自ら、田代検事が作成した報告書の虚偽記載部分にアンダーラインを引いたり、供述内容を書き加えたりしたという。.
最終更新:5月5日(土)11時36分









   



by d451ddpp | 2012-06-30 21:18 | 情報拡散希望
<< 転載: (韓国)貯蓄銀行4行、... 転載: おはようございます2 >>