人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 米国の失業率が低下した!景気回復の証拠だ!w

転載: richardkoshimizu’s blog


米国の失業率が低下した!景気回復の証拠だ!w      作成日時 : 2012/05/08 11:36


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201205/article_36.html






米国の失業率が低下した!景気回復の証拠だ!

実は「職探しをあきらめた人の増加」が原因。二週間、職探しをしない人は労働人口から外される。よって、計算上、失業率は下がるが、職のない人は逆に増えている。労働力参加率は、63.6%で過去最低。駄目国家、アメリカ、暴動近し。デモ隊よ、狙うならCFRのロックフェラーの部屋だ。GE本社に隠れているかもしれない。

なお、わたくしRKは「CFRに火炎瓶を投げる」「CFRの壁にロックフェラーが富と職を奪った!と大書する」「CFRの周辺に肥しをまいて植物の生育を促す」「一番醜いロックフェラーの写真に強奪犯、隠れユダ公などと書いてNY中に貼る」などの行為を奨励いたしません。w 情報感謝。

米雇用、4月も伸び鈍化 雇用回復にブレーキか
2012.05.05 Sat posted at: 09:25 JST
http://www.cnn.co.jp/business/30006473.html

4月の米雇用の伸びは鈍化した

ニューヨーク(CNNMoney) 米労働省が4日に発表した4月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月比11万5000人増で、3月の15万4000人増を下回った。3月に続き雇用者数の増加が小幅な伸びにとどまったことで、一部では雇用回復のペースが鈍化したとの懸念が広がっている。

失業率は8.1%に低下したが、これは、職探しをあきらめた人が増えるなどして労働人口が34万2000人減少したことによる。労働力参加率は63.6%で、1981年以来の低水準となった。

業種別では、小売業で2万9000人、飲食業で2万人それぞれ増加。また人材派遣業は2万1000人、製造業も1万6000人増加した。一方、政府部門の雇用は今回も減少した。

今年1月と2月の雇用者増加数は20万人を超え、高い伸びを示したが、3月は12万人増と失速した。今回、4月の雇用者数も小幅な伸びにとどまったことから、雇用回復のペースが鈍化したのではとの懸念が広がっている。

しかし一部のエコノミストは、この鈍化は季節調整が主な原因と見ている。今年はじめは気候が温暖だったため、1月と2月の雇用者数は人為的に押し上げられたが、現在はその効果が薄れつつあるとも考えられる。
リクルート業者は、ハイテク、医療、企業向けサービス部門で高度な技術を持つ人材の需要が高まっているものの、失業者の中にそれらの職に適した能力を持つ人材が少ないと指摘する。実際、学士号以上の学歴を持つ労働者の失業率は4%なのに対し、高卒の労働者の失業率は7.9%に上る。










    



by d451ddpp | 2012-07-04 22:05 | 情報拡散希望
<< 転載: 大阪維新の会「家庭教育... 転載: 小沢叩き勢力=日本マイ... >>