人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 練馬大根

転載: richardkoshimizu’s blog 


練馬大根      作成日時 : 2012/05/11 11:30


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201205/article_49.html








                     


                    


>コシミズ先生、上の画像を削除していただけないでしょうか?御ブログがヒップホップ以下に見えてきます。私のこのコメントに反論する方は、先生にとりまして本当の賛同者ではないと思います。 義 2012/05/11 06:27

>大将、これはやり過ぎだよ。下を説明するために下になってるよ。これは止めた方がいいと思う。生意気言ってすみません・・・ 勉強中です。 2012/05/10 22:20

>最近の、コシミズ氏のHIPHOP文化を蔑む内容は少し理解し難い部分があります…ただしユダヤ金融資本の歴史の裏での暗躍や、それに伴う3.11人工地震はありえるのでは?と思っていますが。 た 2012/05/10 20:54


謹慎総監の画像を使ったのは、HIPHOPなどに関わる人たちの一部のやっていることは、その画像の持つ卑しい意味と何も変わらない、看過できない、直視して考えるべきだということを示したかったからです。

グループ名が、練馬とマザーファッカーを掛けて二重の意味を持たせているのは明らかだと思います。命名者に「マザーファッカー」の意識がなかったとは考えられない。

それに、その方々の動画をいやいや見てみると「マザーファッカー」とはっきり連呼されていましたし、まさに、そういう風貌にも見えました。「性描写」だらけですね。正直、動画を見ても共感を覚えません。仕草も態度も好きになれません。昔のチンピラ暴走族に相当する人たちが形を変えて新たに社会の底辺を作っているように思えてなりません。

練マザファッカー
http://www.youtube.com/watch?v=ddb2WLCdl5w

練マザファッカー N.M.F (PV)
http://www.youtube.com/watch?v=j1pV2fThGME&feature=related

勿論、その有名なミュージシャンの皆さんは、タトゥーや人体輪っかだらけです。

それと、この類のみなさん、「大麻」では終わらずにハード・ドラッグにまで行ってしまっていますね。大麻が一部で麻薬のゲートウエイになっていることは否定できないと思います。

●人気音楽グループリーダー逮捕=事務所でコカイン所持-神奈川県警
http://hanataresp.blog37.fc2.com/blog-entry-760.html

 大相撲元若麒麟の鈴川真一容疑者(25)の大麻取締法違反事件で、同容疑者が逮捕された東京・六本木の音楽関連会社事務所でコカインを所持したなどとして、神奈川県警薬物銃器対策課は4日、麻薬取締法違反容疑で、同社元実質経営者で人気音楽グループ「練マザファッカー」リーダーの「D.O」こと須藤慈容容疑者(30)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認め、「若麒麟とは2年前くらいに後輩に紹介され知り合った」と供述しているという。

●音楽業界にまた激震! 詩音逮捕に見るヒップホップシーンの薬物汚染
女性シンガーの詩音を http://www.cyzo.com/2009/12/post_3384.html

神奈川県警は10日、違法薬物「ケタミン」を使用・所持していたとして、

麻薬取締法違反で逮捕した。ケタミンの不法所持では、2年前にglobeのマーク・パンサーの 妻が逮捕されているが、そもそも詩音とは何者なのか。音楽関係者が解説する。

「詩音は"ウェッサイ"と呼ばれるヒップホップシーンから出てきたシンガーで、バラード系の曲で人気が出ました。現在の所属はインディーですが、大手の音楽レーベルが流通や宣伝面でバックアップし、CDを出す際には テレビのスポットCMを流すなどしており、それなりのセールス実績も残しています。実質的にはメ ジャー系列のアーティストと呼べるでしょうね」

ヒップホップ関係の薬物事件といえば、今年2月の練マザファッカーによるコカイン不法所持事件が記憶に新しいが、詩音の逮捕は「メジャーの息がかかっている点で、音楽業界に与えるインパクトはより大きい」(前出の関係者) 実際、ヒップホップ系のクラブでは、ケタミンが以前から出回っており、当局は監視の目を強めていたようだ。

「幻覚作用のあるケタミンは、2005年に麻薬指定されるまで、エクスタシー同様の効果が得られる合法ドラッグ として人気を呼んでいました。今でも比較的流通量の多いドラッグのひとつと言えます」(クラブ関係者)押尾事件以降、音楽業界でも"ドラッグ自粛"の風潮が強まっているとされる。そんな中、ただでさえ人気が 低迷しているヒップホップ界にとって、今回の詩音逮捕は大ダメージとなる公算が大きい。

「ヒップホップやR&B系列の音楽は、よほどJポップ風にアレンジし直さないと売れない時代です。ラッパーやR&Bシンガーは、コーラスなどの添え物ならともかく、ピンでデビューするのは難しいのが現実。 そこにきて、今回のようにドラッグで捕まるリスクもあるとなれば、多くのレコード会社やマネジメント事務所は さらに敬遠するでしょう」(前出の関係者)


マザーファッカーに「いい人、良い友達、仲間」といった意味もあるそうですが、一度、白人との大事な商談で同僚を「こいつ、マザーファッカーなんでですよ」と紹介してみてください。破談確定です。

HIPHOPを習っている小学生に「ねえ、このグループがいつも言っているマザーファッカーって何?」と聞かれて「直訳するとお母さんと●●●する奴」っていう意味だけど「いい人」の意味もあるんだよと教えますか?小学生は、大喜びで学校でも街中でも「マザーファッカー」と呼び合うでしょうね。

ろくに英語も出来そうにないタイプの人たちが、洋楽の耳に入る音だけを取り入れて、とんでもない卑猥語を撒き散らしているように見えます。

極めて日本的ではないと思います。ご趣味の方がおやりになるのは結構ですが、日本国中に蔓延しないようにつとめるのが大人の役割と思います。学校必修化は勿論言語道断ですが、英語を含めた「卑猥語」の使用を禁止する必要があると思います。(もっとも、この類の音楽の中で、HIPHOPだけは健全極まりないというのら、話は別ですが。)

寒気がしてきました。風邪でも引いたのでしょうか。では。










     



by d451ddpp | 2012-07-08 21:27 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価北朝鮮学会の三色旗の秘密 転載: 「世界に良い影響」日本... >>