人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 捜査報告書偽造凶悪犯、田代検事を検審裁判で追い詰めましょう。

転載: richardkoshimizu’s blog 


捜査報告書偽造凶悪犯、田代検事を検審裁判で追い詰めましょう。   作成日時 : 2012/05/21 09:14


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201205/article_104.html








                    


                             


捜査報告書偽造凶悪犯、田代検事を検審裁判で追い詰めましょう。

田代を起訴すれば、裏社会とつるんだ検察の汚れた構造がまるわかりになってしまうので、こそこそと周りの目を気にしながら「不起訴」で終わらせようと必死の根回しの検察犯罪組織。

だが、裏社会が作った「検審制度」が今度は裏社会を追い詰める。田代の検審裁判、楽しみですね。メディアが極力報道しないことで、検察を幇助するでしょうが、それも見所です。

裏社会もそろそろ、「何をやっても裏目」と理解して首を吊ってください。みんな喜ぶから。情報感謝。

2012/5/20 14:36
田代検事「不起訴」へ 検察審は「強制起訴」するのか 【政治・経済】ゲンダイネット Share 2012年5月17日 掲載
http://gendai.net/articles/view/syakai/136609

「これは組織ぐるみの「犯人隠避」ではないのか。「陸山会事件」で捜査報告書を“捏造”し、市民団体から「虚偽有印公文書作成・同行使容疑」で告発されていた田代政弘検事(45)について、検察が不起訴処分にする方針を固めた。「記憶が混同した」と繰り返す田代を「犯意ナシ」と判断したというが、茶番もいいところだ。

小沢裁判の1審判決で、東京地裁は、“捏造”捜査報告書が作成された検察の体質を批判し、作成経過や理由について検察に徹底調査を求めた。判決から1カ月も経っていないのに「お咎めナシ」の結論とは、裁判所をバカにしている。

田代検事は事情聴取に対して「上司に供述維持を指示された」と説明しているうえ、“捏造”捜査報告書というブツもある。故意は明らかなのに、なぜ、「犯意ナシ」になるのか理解不能だ。

「問題を解明するほど、自分たち(検察)が困るからです。適当なところで打ち切って田代検事を『不起訴処分』にする。そのうえで『戒告』などで済ませる。反省のポーズを取りつつ、玉虫色の決着を図る考えでしょう」

元東京地検検事の落合洋司弁護士はこう言っていた。予想通りのデタラメな結論になったワケだ。

こういう時こそ「検察審査会(検察審)」の出番だろう。

検察審の本来の役割は、神戸・明石歩道橋事故のように、身内に甘い検察や警察の捜査を“監視”することです。田代検事のケースは、まさに絵に描いたような事件です。身内の検察が検事を不起訴にする。これを許したら、日本は法治国家じゃない。田代検事が不起訴になったら、検察審に持ち込まれるのは間違いない。検察審は絶対に『強制起訴』するべきです」(司法ジャーナリスト)

小沢一郎は収支報告書の「期ズレ」というちっぽけな罪で検察審に強制起訴された。一方、田代検事は“捏造”の実行犯で、それによってひとりの政治家が刑事被告人に仕立て上げられたのだ。この罪は相当大きい。もし、検察審が機能しなければ、改めて不要論が噴出するのは間違いない。

検察は今ごろ、検察審が「不起訴相当」と議決するようにインチキ捜査報告書作りに励んでいるのだろう。つくづくメチャクチャな組織である。







   
   



by d451ddpp | 2012-07-24 21:41 | 情報拡散希望
<< 転載: G8、何ら成果なく腰砕... 転載: 尖閣抗議船の出航を阻止... >>