人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ユダヤ金融悪魔が仕掛けた「シリアの大イスラエル併呑計画」

転載: richardkoshimizu’s blog 


ユダヤ金融悪魔が仕掛けた「シリアの大イスラエル併呑計画」    作成日時 : 2012/05/29 11:49


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201205/article_138.html








                        


                               


ユダヤ金融悪魔が仕掛けた「シリアの大イスラエル併呑計画」

プーチンのロシアは、とっくに背後関係を察知してユダ金の仕掛けた内戦謀略を叩き潰す。パンキムン傀儡英語できないユダ金事務総長を使って、シリア政府の批難決議を出させようとしてもロシアがきっちり妨害。当然である。

ユダ公が大イスラエル建国のための侵略戦争をやっているだけ。国連を味方につけてあたかもアサド政権が極悪のように喧伝するも、イラク、リビアの二番煎じ。手口が姑息。ワンパターン。ユダ金脳軟化症さらに悪化。情報感謝。

●シリア制裁、見えない次の一手 安保理、ロシアが「壁」 2012.5.28 20:24

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120528/mds12052820250002-n1.htm

【ニューヨーク=黒沢潤】国連安全保障理事会は27日、緊急会合を開き、多数の死者が出たシリア西部ホムス近郊フーラでの砲撃についてアサド政権の関与があったと指摘、「最も強い言葉で非難する」との報道機関向け声明を発表した。欧米などの理事国はこれを機にアサド政権への制裁を求める意向だが、ロシアの反対はなお強く、効果的な次の一手を見いだせないのが実情だ。

声明は「市民への非道な武力行使は国際法違反」とした上で、アサド政権に対し、国連とアラブ連盟合同特使のアナン前国連事務総長の停戦案に盛り込まれた都市部での重火器の使用を中止するよう改めて要求した。

国連シリア監視団(UNSMIS)のムード団長によれば、25、26の両日発生した砲撃の死者は108人、負傷者は300人に達した。約280人の要員からなる監視団が活動を続けるなか発生した今回の砲撃事件は、「国連の顔に“泥”を塗るようなもの」(外交筋)との批判も出ている。

安保理はこれまで、アサド政権を非難する決議を一度も採択できず、停戦実現を目指す国連監視団を派遣する決議などで「さらなる対応を講じる」と警告するにとどまってきた。(以下、眠いので省略。)








   
   



by d451ddpp | 2012-08-02 21:28 | 情報拡散希望
<< 転載: 米軍相模原補給廠や福生... 転載: 橋下縊死んの会は、統一... >>