人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 関西電力が自ら明言した「原発なくても停電しない」をいつのまにか撤回。

転載: richardkoshimizu’s blog 


関西電力が自ら明言した「原発なくても停電しない」をいつのまにか撤回。  作成日時 : 2012/06/04 09:55


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201206/article_10.html





                   


                   


                                       


関西電力が自ら明言した「原発なくても停電しない」をいつのまにか撤回。急に電力は不足することになったそうだ。この国はもはや国家ではない。嘘の上塗りと利権漁りの渦巻く無法地帯だ。背後のユダ金の狼狽が、属国をここまで揺さぶっている。裏社会崩壊は近い。どんな馬鹿でもそろそろ気がつく。

「大阪府市エネルギー戦略会議で、関西電力は『再稼働なしでも停電させないようにする』という方針を打ち出し、資料まで配布」したのだから、橋の下カメレオンも知っているはず。橋の下も結局、裏社会のご命令で「原発再稼働容認」にカメレオンしただけのこと。信用なんかできるか、こんな爬虫類を。情報感謝。

重大疑惑 なぜ消えた「原発なしでも電力確保」の関電文書
2012年06月03日10時00分

http://news.livedoor.com/article/detail/6621049/

とうとう野田首相が、国民の反対を押し切って、原発を「再稼働」させる方針を固めた。30日開かれた関西電力「大飯原発」の再稼働をめぐる3閣僚との会合で、「原発は日本経済にとって重要だ。最終的には私が判断する」と、近々、再稼働にゴーサインを出すと宣言したのだ。遅くても6月中旬までには、再稼働させるとみられている。

原発推進派は「原発なしでは真夏の電力需要は賄えない」と、電力不足を煽(あお)って、一気に「大飯原発」を再稼働させるつもりだ。

しかし、再稼働させないと本当に電力が足りないのか疑問だらけだ。ほんの2週間前、関西電力自身が「再稼働させなくても停電しない」と認めていたからだ。ジャーナリストの横田一氏が言う。

「大手メディアはほとんど報じていませんが、5月15日に行われた大阪府市エネルギー戦略会議で、関西電力は『再稼働なしでも停電させないようにする』という方針を打ち出し、資料まで配布しているのです。需給ギャップを埋める具体策や目標値も示した。資料には『吸気冷却装置を設けることで、出力向上運転を行います』などと対策が記され『これらの追加対応策により、停電を回避する』と表明しています」

大阪府市の特別顧問である「環境エネルギー研究所」の飯田哲也氏にも、関西電力の社員から「この夏は再稼働しなくても大丈夫」というメールが送られていた。
]
関西電力が「大飯原発」の再稼働を断念し、原発なしで夏を乗り切ろうと準備を進め、電力確保にメドをつけていたのは間違いない。なのに、野田首相が強引に再稼働させようなんておかしい。どういうわけか、関西電力も29日になって態度を一変させている。

大阪府市エネルギー戦略会議が29日に開かれたのですが、関西電力の説明資料から『再稼働なくても停電させない』という文面や数値が消えているのです。原子力村から、圧力がかかったとしか思えない。翌30日に、野田首相が『最終的には私が判断する』と、再稼働にゴーサインを出すと宣言している。タイミングを計ったとしか考えられません」(電力関係者)

なし崩し的な「大飯原発」の再稼働は許されない。本当に電力が不足するのか、徹底的に解明する必要がある。

(日刊ゲンダイ2012年5月31日掲載)








   



by d451ddpp | 2012-08-09 21:53 | 情報拡散希望
<< 転載: こいつ、本当はアカだっ... 転載: 「創価学会は北朝鮮宗教... >>