人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 小川前法相:指揮権発動を首相に相談 「虚偽」捜査報告で

転載: richardkoshimizu’s blog 


小川前法相:指揮権発動を首相に相談 「虚偽」捜査報告で    作成日時 : 2012/06/05 07:16


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201206/article_19.html








                   


                                      


「指揮権の発動を決意したが、総理の了承を得られなかった」

「検察への信頼が損なわれている時に、検察が適当な形で幕引きをしてしまうことがあれば、信頼は回復されない」

野田某が裏社会のために法相に検察追求を止めさせ、裏社会の命令でクビにするため、わざわざ内閣改造人事に法相を加えた。つまり、この無法地帯の卑しいホ●が首班の国家では、不正義が公然と行われる。それに反旗を翻して退任会見で真実に触れた法相は立派なもの。豪気なものじゃないか。

法相の指揮権発動を止めるための内閣改造。とりあえず、滝実に変えてみたが、言うこと聞くかどうか?経緯が表に出てしまった以上、滝さんも裏社会の言いなりに売国奴をやるのだろうか?

もう、なりふりかまわず、馬鹿丸出しでその場限りの愚策を打つ総理大臣。非常に面白くなってきました。裏社会がカスを総理に選んだから、カスが失態やらかしてどんどん裏社会の不利益になる。「自浄作用」「自然現象」ですね。情報感謝。

小川前法相:指揮権発動を首相に相談 「虚偽」捜査報告で
http://mainichi.jp/select/news/20120604k0000e010206000c.html

毎日新聞 2012年06月04日 14時45分(最終更新 06月04日 20時05分)

小川敏夫前法相は4日午後、法務省内での退任記者会見で、小沢一郎・民主党元代表の陸山会事件に絡んで東京地検特捜部(当時)の田代政弘検事が「虚偽」の捜査報告書を作成したとされる問題について「指揮権の発動を決意したが、総理の了承を得られなかった」と発言した。法相が指揮権を発動しようとしたことを明らかにするのは極めて異例。

会見で小川氏は、大阪地検特捜部の証拠改ざん事件にも触れ「検察への信頼が損なわれている時に、検察が適当な形で幕引きをしてしまうことがあれば、信頼は回復されない」と発言。先月初旬、検察当局が田代検事らを不起訴とする方針と報じられた後、官邸を訪れて野田佳彦首相に指揮権の発動を相談したことを明かした。

また、「50年(余)前に国民に不評を買う指揮権が(造船疑獄で)発動されて以降は抑制的だったと思うが、検察が内部の事件で消極的なら、積極ならしめるのが法相の本来の姿だ」と、発動に肯定的な見方を示した。

野田首相との詳しいやり取りや具体的な指揮内容については明言を避け、再任されなかったこととの関係についても「推測で言うわけにはいかない」と述べるにとどめた。【伊藤一郎】









   



by d451ddpp | 2012-08-12 20:55 | 情報拡散希望
<< 転載: JAL123便「撃墜事... 転載: 人間の屑の研究 >>