人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: もはや、野田風情に管理できる状態になし。

転載: richardkoshimizu’s blog 


もはや、野田風情に管理できる状態になし。      作成日時 : 2012/06/06 09:38


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201206/article_27.html







                      


                


もはや、野田風情に管理できる状態になし。

次々に反ユダヤ発言が政財界から。もう止まらない正常化の流れ。他にも類似情報あったら紹介よろしく。情報感謝。

それにしても、米の言う「非関税障壁」とはなんのことだろうか?

1.日本も左ハンドルにしろ!

2.日本車も米車同様一週間に一回壊れるようにしろ!

3.燃費の良すぎる車は、石油産業に良くないからつくるな!

4.米車に合わせて道路を広くしろ。

5.円高で米車安いんだから目をつむって買ってくれ、頼む。ウワーン。





(1)自動車工業会会長の豊田御曹司が、TPP関連の米要求を大批判。

日本市場はオープン…自工会会長、米要求に反論
読売新聞 6月4日(月)23時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120604-00000995-yom-bus_all

日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は4日、読売新聞などのインタビューに応じ、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉入りを巡り、米国側が米国車の販売を妨げる要因があるとして改善要求を示したことについて、「日本は輸入車を制限する規制がないオープンな市場だ」と反論した。

豊田会長は、日本が輸入車関税を撤廃していることを指摘し、「米国が主張する(日本の)非関税障壁とは何なのか」と疑問を示した。その上で、日米両政府に対して、「オープンで事実に基づく対話が進むことを期待する」と述べた。

また、急激な円高の進行について、豊田会長は、「この水準が長期間続くと、日本の製造業の崩壊が始まる」と強い危機感を表明し、「日本の雇用を守り、外貨を稼ぐには、自動車産業を中心としたものづくり企業が必要だ」と訴えた。
(2)就任したばかりの農水大臣、TPP反対表明。野田、校門からため息。もはや、ユダ金飼い犬の在庫も払底で、言いなり議員だけで組閣もできず?

●郡司農水相「TPP、国益にならない」 交渉に否定的
http://www.asahi.com/politics/update/0605/TKY201206050231.html

郡司彰農林水産相は5日の閣議後会見で、政府が進める環太平洋経済連携協定(TPP)について、「日本の国益になると考えるのは難しい」と交渉入りをめざすことに否定的な考えを示した。

同じく政府が進めている日中韓3カ国による自由貿易協定(FTA)などほかの経済連携と比べて利点が少なく、原則的に農産物を含むすべての関税を撤廃しなくてはならないことの影響が大きいとみているからだという。4日の就任後、TPPについて初めて明確に否定的な考えを示した。第2次野田改造内閣発足後の閣僚発言としても異例の踏み込んだものだ。

ただ、野田政権としては基本的にTPPの交渉入りを目指していく方針だ。中国が台頭する中で米国との連携を強化し、経済成長にも結びつけたい考えだからだ。少子高齢化が進む中で、海外の成長力を取り込む必要があるほか、貿易ルールづくりに絡むことで日本に有利な枠組みにするねらいがある。








    



by d451ddpp | 2012-08-15 21:51 | 情報拡散希望
<< 転載: 読売CIA新聞、必死に... 転載: 日韓竹島祭り >>