人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 米国に「貸し」のある債権者のみなさん、債権保全に走りましょう。

転載: richardkoshimizu’s blog 


米国に「貸し」のある債権者のみなさん、債権保全に走りましょう。    作成日時 : 2012/06/07 09:42


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201206/article_36.html








                       


                                      


FRB自身が「米経済は失速する」と言っています。もう終わり。閉店。戦争間に合わないし実現も不可能。日本からの搾取も時間切れ。債権者のみなさん、債権保全に走りましょう。とりあえず、日本はハワイとカリフォルニアとアラスカでいいです。(土地だけでいいw)あんまり欲深でないので。

「米経済失速なら行動の用意」、FRB当局者が相次ぎ発言
ロイター 6月7日(木)9時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120607-00000035-reut-bus_all

[フォートローダーデール(米フロリダ州)/ベルビュー(ワシントン州) 6日ロイター] 米アトランタ地区連銀のロックハート総裁とサンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は6日、連邦準備理事会(FRB)は景気支援のため追加措置を講ずる準備があるとの見解を示したが、どちらも現時点での実現には踏み込まなかった。両総裁は今年FOMCでの投票権をもつ。

両総裁は、米国にとっての主要リスクは深刻化する欧州危機と指摘。ロックハート総裁は講演で「見通しへの著しいリスクが高まっているというのが個人的な見解だ」と指摘。「緩やかながらも成長が続くとの私の基本シナリオに沿った見方が現実的でないことが明白になった場合には、回復支援に向けた追加の金融政策措置を検討する必要が確実に出てくる」と述べた。

ウィリアムズ総裁は、FRBが担う最大雇用と物価安定という2つの責務の双方は、「当面は」未達成となると予想。欧州債務危機、および米国の緊縮財政措置が、米経済にとり「ワイルドカード」となっているとの認識を示した。

また「こうした理由から、現在の極めて景気刺激的な金融政策スタンスを維持することが重要となっている。最大雇用と物価安定の2つの責務を全うするために必要なら、さらなる措置を実施する用意を整えておく必要がある」と述べた。(以下、略)







 



by d451ddpp | 2012-08-18 21:50 | 情報拡散希望
<< 転載: 裏社会、ボロボロ。前法... 転載: 竹島・尖閣問題 >>