人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 生活保護費不正受給と受給者の宗教の関係を明らかにせよ

転載: richardkoshimizu’s blog 


生活保護費不正受給と受給者の宗教の関係を明らかにせよ  作成日時 : 2012/06/19 12:02


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201206/article_111.html






1.生活保護費不正受給と受給者の宗教の関係を明らかにせよ

2.生活保護の許認可に一部で宗教系政党の地方議員が関わっていると聞いたが、実態調査すべし。

3.特定の邪教に属していると支給額が増えると聞いたが本当か?

4.生活保護費の4割は医療機関への交通費等と聞いたが、特定の邪教系病院に生活保護者の受診が集中していないか?エアー診察の実態はないか?

5.邪教奴隷は、お国のために生活保護を返上し働け。邪教にいることで国と国民に迷惑をかけているのだから、自覚して働け。(こそこそ働いて副収入を得て申告していない邪教奴隷は、遡って利子付きで全額返済せよ。できないなら教団が代理弁済しろ。)

生活保護費の不正受給額倍増、6億円超…埼玉
読売新聞 6月19日(火)7時24分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120619-00000158-yom-soci

埼玉県内の生活保護費の不正受給額が2011年度、総額約6億1000万円(さいたま市を除く)と、前年度から倍増し、過去最高となったことが県への取材でわかった。

10年度に発覚した不正受給をきっかけにチェック態勢を強化した結果、急増したという。

同県では10年12月頃、朝霞市の老夫婦が4年間で約1340万円の生活保護費を不正受給していたことが判明。県は11年1月、各福祉事務所に受給者の課税状況と収入申告額を突き合わせて調べるよう通知した。

10年度の不正受給481件、3億589万円に対し、11年度は件数も1257件と2・6倍になった。

県によると、不正受給の8割以上は、就労収入を申告していなかったり、年金受給などを隠していたりするケースだった。企業からの給与支払い報告書などを調べ、収入があったことを確認した。読売新聞が入手したある市の資料によると、交通事故の示談金や生命保険の解約返戻金を受け取っていた事実を隠していた受給者もいた。県などは不正受給分の返還を求めているが、例年回収できるのは全体の3~4割で、4億円前後が回収不能になる可能性があるという。







   



by d451ddpp | 2012-08-21 21:37 | 情報拡散希望
<< 転載: 壁紙 転載: 菊地直子は間違えなく本... >>