人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 国民はバカじゃない 「小沢支持」拡大に野田首相は真っ青

転載: richardkoshimizu’s blog 


国民はバカじゃない 「小沢支持」拡大に野田首相は真っ青    作成日時 : 2012/06/11 15:22


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201206/article_57.html






いいニュースですね。

裏社会が無理に無理を重ねて消費重税を強行しようとして、作戦は失敗につぐ失敗。補給は続かない。戦況は悪化の一途だが、周りの参謀は楽観的予測ばかり野田の尖った耳に入れる。まるで旧日本軍のインパール作戦みたいになってきました。

「小沢と対立すれば、内閣支持率が上がると計算」、「〈小沢VS.反小沢〉の「政局」にスリ替えれば、国民は「小沢嫌い」が圧倒的だから、「反対」は広がらないと皮算用した」というなら、とんでもない馬鹿。

いつのまにか、「小沢支持」が主流に。もはやメディアの誘導に力なし。なにびとも自然の流れに逆らうことは出来ない。情報感謝。

●国民はバカじゃない 「小沢支持」拡大に野田首相は真っ青
2012年06月10日10時00分 提供:ゲンダイネット
http://news.livedoor.com/article/detail/6643864/

<なんと無党派の47%が「小沢に賛同」朝日調査>

小沢一郎に「自民党との協議を進めさせていただく」と最後通告し、消費税アップに突っ走っている野田首相。首相官邸は、小沢と対立すれば、内閣支持率が上がると計算していたらしい。

大手メディアも「小沢を切って、消費税アップに突き進め」と首相のケツを叩いていた。ところが、内閣支持率は上がらず、逆に「小沢支持」の世論が拡大している。ドジョウ首相は真っ青だ。

朝日新聞が内閣改造の直後に実施した「世論調査」に、首相周辺が焦りまくっている。

ドジョウ首相は「今国会の成立に政治生命をかける」と消費増税法案の成立にシャカリキになっているが、「今国会で成立させるべきだ」は、たったの17%だけ、「成立にこだわるべきではない」が72%に達したのだ。

法案への賛否も、「賛成」は32%、「反対」が56%に膨らんでいる。「賛成」は過去6回の調査で最低だった。支持率も「支持」27%、「不支持」51%だった。

それ以上に、ドジョウ首相を慌てさせているのが、「小沢支持」が予想以上に多かったことだ。

「消費税をアップする前に徹底的に行革を進めるべきだ」という小沢一郎の姿勢を支持するか聞いたところ、「支持する」41%、「支持しない」44%と拮抗。無党派層に限ると「支持する」が47%、「支持しない」は35%と、小沢支持が多数だった。

消費税アップ推進派は、消費増税を「政策」ではなく、〈小沢VS.反小沢〉の「政局」にスリ替えれば、国民は「小沢嫌い」が圧倒的だから、「反対」は広がらないと皮算用していた。ところが、「消費税アップの前にやることがある」という小沢の主張に賛同する国民がジワジワと増え、計算が狂いはじめている。

「ただでさえ首相官邸は、党内の中間派が“増税反対”に傾きはじめていることに危機感を持っていました。鹿野グループや、長妻昭たちが、社会保障を置き去りにして、増税だけを進める首相に不満を強めているのです。国民の多くが『消費税アップ反対』を貫く小沢を支持しているとなると、小沢グループが勢いづくだけでなく、中間派が安心して反対に回りかねない。首相周辺は『こんなに小沢支持があるのか』と困惑しています」(事情通)

<消費増税「今国会の成立に反対」は72%>

それにしても、おかしいのは朝日新聞だ。自分たちがやった世論調査で、国民の72%が「今国会の成立にこだわるべきではない」と答えているのに、先頭に立って社説などで「消費税10%」を推し進めている。民意はどうでもいいのか。

「いったい朝日新聞は、なんのために世論調査をしているのでしょうか。本来、ジャーナリズムは、国民に寄り添うのがスタンスのはず。なのに、権力に寄り添っている。朝日新聞は小沢一郎の主張を頭から否定しているが、誰が聞いたって、小沢の主張は正論ですよ。国民が支持するのも当然です。この先、小沢が表で主張すればするほど、賛同者が増えていくでしょう。いまからでも遅くない。朝日新聞は国民に謝罪し、消費税反対にカジを切るべきです」(政治評論家・山口朝雄氏)

朝日新聞は国民の味方なのか。ハッキリさせるべきだ。
(日刊ゲンダイ2012年6月7日掲載)






   



by d451ddpp | 2012-08-24 21:25 | 情報拡散希望
<< 転載: 竹島・尖閣問題 転載: 人間の屑の研究 >>