人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 読売CIA直営国賊新聞、小沢攻勢に焦りまくって今更「妻の手紙」記事。

転載: richardkoshimizu’s blog


読売CIA直営国賊新聞、小沢攻勢に焦りまくって今更「妻の手紙」記事。  作成日時 : 2012/06/23 09:40


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201206/article_142.html






読売CIA直営国賊新聞、小沢攻勢に焦りまくって今更「妻の手紙」記事。

気が狂いそうに焦っているのはわかるが、そのネタはとっくに旬を過ぎた。読売の脳内は一週間遅れているのか?早く潰れろ。

それより、お前たちの「親会社」の読売巨人軍の監督がヤー公に1億円払った件でも委細報道していろ。お前たちの読者はその程度の連中だから。

東大出てちんぴら記事を書いている記者さんたち、恥ずかしくて首を吊りたくならないのが不思議だ。なんでまだ生きているの?

小沢氏資質、妻が告発…「放射能怖くて逃げた」
読売新聞 6月23日(土)9時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120623-00000211-yom-pol

「放射能が怖くて逃げた」と告発する小沢氏の妻の手紙

 昨年3月11日の東日本大震災後に、小沢一郎元民主党代表(70)の妻(67)が支援者に宛てた手紙の中で、小沢氏が「放射能が怖くて秘書と一緒に逃げ出しました」と指摘し、小沢氏に対する不満を吐露していたことが22日、分かった。

「一番苦しい時に見捨てて逃げ出した小沢を見て、岩手や日本の為(ため)になる人間ではないとわかり離婚いたしました」として、小沢氏の政治家としての資質を疑問視している。

手紙は今月中旬に週刊誌が報じ、民主党所属議員などの間にも出回っている。小沢氏の言動に不信感を抱く議員も出ており、小沢氏が目指す新党結成の動きにも影響を与えそうだ。

読売新聞が入手したのは手書きで記された11枚の便箋の写し。被災地の衆院岩手4区を基盤とする小沢氏の地元支援者に宛てた文面で、東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、昨年3月16日の朝、東京都世田谷区の自宅を小沢氏の秘書が訪れ、「内々の放射能の情報を得たので、(小沢)先生の命令で秘書達(たち)を逃がしました。先生も逃げますので、奥さんも息子さん達もどこか逃げる所を考えて下さい」と言ってきたと明かしている。

同21日には書生が「東京の水道は汚染されているので料理は買った水でやって下さい」と伝えてきたと指摘し、小沢氏側が、行政当局から独自に未公表段階の情報を集め、行動していたのではないかと推察している。小沢氏が同25日に自宅のある東京から「旅行カバンを持ってどこかに逃げ出しました」とも記している。

小沢氏が初めて地元入りし、盛岡市の岩手県庁で達増拓也知事と会談したのは同28日だった。妻は、それまで小沢氏が地元入りを避けていた理由について「放射能がこわくて行かなかった」と断じている。

妻の関係者は、筆跡が真正のものと証言している。

◆「逃げていない」、小沢事務所反論

これに対し、小沢事務所は「手紙は本人の字ではない。放射能を恐れて逃げたという事実はない。どこにどう逃げたのか、こちらが聞きたい。どこにも逃げていないことは証明できる」と反論している。

最終更新:6月23日(土)9時13分









by d451ddpp | 2012-09-21 21:13 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価北朝鮮学会の三色旗の秘密 転載: 小沢氏、処分前の離党検... >>