人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 反日デモは実は反日デモではなかった。「反胡錦涛デモ」だった。

転載: richardkoshimizu’s blog


反日デモは実は反日デモではなかった。「反胡錦涛デモ」だった。    作成日時 : 2012/10/03 07:47


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201210/article_12.html






反日デモは実は反日デモではなかった。「反胡錦涛デモ」だった。

そう、ごく普通に表側メディアの一部が正しく報道しているわけです。よって、「日中問題」ではない。「共産党内部抗争に過ぎない。」という視点で見るべきです。

「習近平氏は、反日デモを主導することで強いリーダーのイメージを作り出そうとした」わけですから、とばっちりを食った日本企業や日本人は習近平氏に被害の賠償や謝罪を求めるべきです。

普通なら暴動、略奪事件の首謀者は逮捕されてしかるべしです。情報感謝。


中国反日デモ 習近平が胡錦濤閥に揺さぶりかけるため煽った2012.10.01
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20121001/frn1210011701003-n1.htm

過去最大となった中国の反日デモの嵐は、9月15日に約120都市に及ぶ中国各地で一気に吹き荒れ、柳条湖事件記念日の9月18日に125都市、数十万人の参加者を記録し頂点を迎えた。

翌19日朝に北京市公安局が北京市民の携帯電話に一斉に「愛国への情熱を他の理性的な方法で表現し、抗議活動のために大使館前には来ないように」とのショートメッセージを送り、日本大使館前で連日起きていたデモの抑え込みにかかった。これを契機に北京以外の都市の反日デモも終息に向かっている。

突然の“炎上”と、突然の“鎮火”。この相反する動きが中南海での権力闘争の縮図であると指摘するのは、中国に詳しいジャーナリストの相馬勝氏である。

「11月に開催される党大会で、習近平氏が胡錦濤氏から共産党総書記を引き継ぐのは既定路線です。しかし、党政治局常務委員9人のうち7人が入れ替わるといわれており、習近平・江沢民の太子党(共産党幹部の子弟グループ)と、胡錦濤の共産主義青年団(共青団・エリート人材を輩出するための青年組織)がその綱引きをしている真っ最中なのです」(相馬氏)

胡錦濤氏はこれまで日本製品の不買運動や大規模な反日デモの展開には否定的だった。2005年や10年の反日デモも拡大する前にデモを抑えつけている。そんな胡氏の“弱腰”に対し、過去に極端な反日政策をとった江沢民・前国家主席を後ろ盾とする習近平氏は、反日デモを主導することで強いリーダーのイメージを作り出そうとした、ということだ。

「党のトップの指示がないとあれだけの規模のデモには発展しません。毛沢東の写真を掲げるデモが登場したのも、腐敗が横行する胡錦濤体制への批判であり、毛沢東主義者である習氏の意思が込められていると見ていいでしょう。

しかも、約2週間も姿をくらまして重病説などが飛び交っていた習近平氏は、9月15日に突然姿を現わしました。その日に反日デモが急拡大したのは偶然とは思えません。反日デモは習氏が“煽った”と見るのが自然です」(相馬氏)

胡錦濤氏が習近平氏に対して強気に出られないのには理由があった。それが今年3月に起きた“黒いフェラーリ事件”だ。

3月18日、北京市内で黒いフェラーリが壁に衝突し、20代の男性が死亡、同乗の女性2人が重傷を負った。この死亡した若者が、胡錦濤氏の側近である令計画・党中央書記処書記の息子だったのだ。

息子が高級スポーツカーで死亡事故を起こしたことは、共産党幹部によっては大スキャンダルだ(しかも失脚した前重慶市党委書記・薄煕来の息子が赤いフェラーリを乗り回していた)。さらに胡主席が令氏の息子と知りながら事実を隠蔽しようとしたことが明るみに出た。

この事件がきっかけとなり、党政治局の24人に入ることが濃厚だった令氏が、党中央弁公庁から中央統一戦線工作部へ異動となったことが9月1日に報じられた。事実上の“左遷”である。求心力を失った胡錦濤氏に追い打ちをかけるように、日本の尖閣国有化に乗じて習近平氏が攻勢に出て共青団に揺さぶりをかけている、というのが反日デモの背景にある構図とされる。

「反日デモが盛り上がったのは習氏の狙い通りでしたが、それが共産党一党支配反対運動まで発展するのは避けなければならない。柳条湖事件記念日はデモを終息へ向かわせるタイミングとしてはちょうどよかったのでしょう」(相馬氏)

中南海の権力闘争からすれば、「反日デモ」はその道具の一つにすぎないのである。

※週刊ポスト2012年10月12日号


中国の反日デモは、過去にも江沢民一派により組織扇動されて来たわけで、今回は江沢民の弟子の習近平が手口を踏襲したということです。背後で米ユダヤ権力と癒着した江沢民一派。今回は、江沢民・習近平一派の党内抗争を有利にする目的で同じくユダヤ人の手先に過ぎない野田、縊死原が呼応して尖閣問題を煽った。煽らせたのは、野田・縊死原を管理監督する無為無策の困窮ユダヤ人という構図です。

単純に「反中」を叫ぶだけの●●遅れの小僧たちの程度の悪さにただただ呆れます。日本人らしからぬ「愚挙」です。もっとも「反中」扇動の中心は北朝鮮右翼ですので、その類の稚拙な工作に乗せられる日本人は自らの無知蒙昧を猛省すべきです。朝鮮人ではないのですから。

中国での反日デモに参加する若者は“江沢民の子供たち”
2010.11.02 10:00
http://www.news-postseven.com/archives/20101102_4825.html

簡単に数千人もの若者が集まり、日本に対する憎悪の炎を燃やす反日世代(20代)「憤青」(フェンチン)。彼らは、どうやって育成されたのか。なぜ、今回こうも多くの若者がデモに参加したのか?

中国出身の評論家、石平氏はこういう。「今回のデモの主役は、一人っ子政策が敷かれた1980年代以降に生まれた『80后(バーリンホウ)』です。甘やかされ、何不自由なく育った80后は、反日教育を強く刷り込まれた世代でもある。その反日教育を国策として主導したのが、1993年に国家主席となった江沢民であり、80后を反日に染め上げたのです」(石平氏)

1970年代末、当時の最高実力者、鄧小平が改革開放政策へ舵を切ったことで、中国社会には経済格差が広がり、地方では農民暴動が頻発していった。同時に政治的な自由を求める声が高まった。それが民主化運動、そして天安門事件へつながっていったわけだが、民主化運動を弾圧して壊滅させた“功績”が認められ、国家主席にまで昇りつめたのが江沢民前国家主席である。

「江沢民は日本を仮想敵に据えた。『日本が再び中国侵略を企てている。その侵略から国を守るのが中国共産党だ』という考えを刷り込んだ。国民の求心力を保つため日本憎しの共通意識が必要とされたのです」(石平氏)

つまり、“江沢民の子供たち”とも呼べるのが、今、反日デモで怒りの声をあげている若者たちなのだ。

※週刊ポスト2010年11月12日号








 



by d451ddpp | 2012-10-03 21:51 | 情報拡散希望
<< 転載: 毎度おなじみ、ユダ金黒... 転載: 前原経財相、日銀の外債... >>