人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 小沢さんの離婚問題

転載: richardkoshimizu’s blog


小沢さんの離婚問題     作成日時 : 2012/07/07 07:18


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201207/article_34.html






小沢さんの離婚問題

小沢一郎・元代表と和子夫人 「離婚報道」に至るまでの経緯
http://www.news-postseven.com/archives/20120625_123436.html

裏社会が小沢叩きに悪用した奥さんとの確執ですが、要するに、嫁姑問題に端を発した奥さんの「ご乱心」が発端だったのでは?小沢さんは事態収拾に長い間苦しんできたということのようです。

夫人の精神的に不安定な部分を悪用して裏社会御用達メディアが、「小沢維新」を阻止しようと企んだ。

もし、小沢氏が週刊新潮の言うようなつまらない男であるなら、我々正常人の心を打つような言動、行動は取らないでしょう。言い訳をしない小沢氏なので憶測を呼ぶわけですが、それも潔いことでは。

精神疾患抱えた奥さんを持ち、家庭不和の苦しみの中で国家、国民のために四面楚歌でも必死に正義を実現しようとする小沢さんの姿は評価して良いと思います。

以下、記事を部分抜粋。

「和子の言動に変化が生じてきたことは、家族だけでなく、後援会でも心配の種になった。日に日に変わっていく姿に周囲の心痛は大きかったに違いない。小沢にも悔恨が沈殿していった。時にはありもしないことを口走り、根も葉もない中傷と知る噂で小沢を激しくなじることもあったという。」

「和子は、あんなに心血を注いできた後援会活動にも、実弟が亡くなった10年ほど前から、ぷっつりと姿を見せなくなって家に閉じこもるようになった。これは後援会関係者なら誰もが知る事実だ。「小沢家の問題」を取材するマスコミも、きちんと地元に行けば簡単に確認できるはずである。」

「しかし現実の和子は、ますます猜疑心や妄想にとらわれるようになり、最も信頼している次男以外の言葉は受け入れないほどに憔悴を見せるようになった。いきなり秘書に小沢のスケジュールを詳細に報告させ、その立ち寄り先に片端から連絡して、「小沢は本当にそこに行ったのか」と詰め寄る異常な行動が周囲を驚かせる“事件”も起きた。」

「そして小沢は、求められるまま和子に離婚のフリーハンドを与えた。家族の絆を取り戻すことはますます難しくなった。」

※週刊ポスト2012年7月6日号








  



by d451ddpp | 2012-10-09 23:12 | 情報拡散希望
<< 転載: 善意なんて糞食らえでし... 転載: 創価は北朝鮮邪教ではな... >>