人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 夏休み中のよいこの皆さん、NASAのニュースに目を輝かせる前に世の現実を。

転載: richardkoshimizu’s blog


夏休み中のよいこの皆さん、NASAのニュースに目を輝かせる前に世の現実を。      作成日時 : 2012/08/07 11:47


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201208/article_22.html








                         


夏休み中のよいこの皆さん、NASAのニュースに目を輝かせる前に世の現実を。

アボロが月面着陸して人間が月面を歩いたと40年間嘘をつき通している野蛮人の国が火星で無人探査機の着陸に成功したと言われても、はいそうですかと素直に信じられるほど世間知らずでもないし、こりゃ、総費用2200億円をユダ金が使い込んだので、ここはめくらましのために「成功」を偽装しておこうとユダヤ人がいつもの奸計を働かせたのだろうなと一気にまくし立てるリチャード・コシミズでした。

パラシュートで火星に降りる探査車、衛星が撮影

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120807-OYT1T00490.htm

火星探査衛星「マーズ・リコネサンス・オービター」から撮影した、降下中の探査車「キュリオシティ」を包むカプセル=NASA提供

 【パサデナ(米カリフォルニア州)=中島達雄】米航空宇宙局(NASA)は6日、無人火星探査車「キュリオシティ」がパラシュートを全開にして火星に降下していく画像を公開した。

キュリオシティからは、火星の表面にしっかりと立つ自身の影の写真が届いた。

降下中の画像は、NASAが2005年に打ち上げた火星探査衛星「マーズ・リコネサンス・オービター」が5日夜(日本時間6日午後)、着陸1分前に火星の上空340キロから撮影した。

キュリオシティを包むカプセル(直径約4・5メートル)が、大気圏突入後の減速のためのパラシュート(直径15・5メートル)をいっぱいに開きながら、火星に降りて行くのが見える。

この後、キュリオシティは空中浮遊装置「スカイクレーン」とともにカプセルから分離、スカイクレーンにつり下げられて火星に軟着陸した。

(2012年8月7日10時52分 読売新聞)









    



by d451ddpp | 2012-11-10 21:44 | 情報拡散希望
<< 転載: 「橋下氏が積極姿勢を示... 転載: 母乳のセシウム汚染?あ... >>