人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ユダ米経済破綻、待ったなし。極東戦争捏造も計画倒れ、時間切れ。ハドソン川はあちら。はいは

転載: richardkoshimizu’s blog


ユダ米経済破綻、待ったなし。極東戦争捏造も計画倒れ、時間切れ。ハドソン川はあちら。はいはい、並んで。      作成日時 : 2012/08/22 07:27


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201208/article_72.html








                       


           


 ↑ 沖縄の夕日です。

大物投資家が米地方債CDS契約を大量投げ出し。つまり、米地方自治体がこれからどんどん破綻するということ。国家は地方財政から破綻が始まる。ユダヤ国家の阿鼻叫喚。もはや誰にも止められない。

尖閣、竹島で煽って緊急戦争を起こそうにもネタがさいしょからバレてますよ。「貧すれば鈍する」なんですよ、金融ユダヤ人さん。

あなたがたが日本や朝鮮半島で飼ってきた犬と豚が性能悪すぎたんですよ。ただの粗暴で無能な薬中ホモなんか使うからですよ。

おまけに親玉は奇特なことに危篤状態。wもうすぐ残った資産の奪い合いで、みなさんの傀儡組織が最初に破綻します。

2012年アセンション、万歳!

バフェット氏が多額の地方債CDS契約解除へ、破たん懸念浮き彫り
ロイター 8月22日(水)3時58分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120822-00000016-reut-bus_all

8月21日、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、売り手として保証を提供している160億ドルの地方債のクレジット・デフォルト・スワップ契約について、そのほぼ半分を解消することが分かった。ニューヨークで2010年9月撮影(2012年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 21日 ロイター] 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は、売り手として保証を提供している160億ドル(約1兆2700億円)の地方債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)契約について、そのほぼ半分を解消する。今月規制当局に提出された文書から明らかになった。

バークシャーによると、82億5000万ドルの地方債のCDS契約を解除することでカウンターパーティと合意した。これら契約には500を超える州・地方政府債を保証するCDSが含まれ、償還期限は6月末時点で平均8.8年。

今回の動きから、バフェット氏をはじめ、投資家の間で、地方自治体の破綻が懸念されていることが浮き彫りとなった。

また、バークシャーは上期に、高利回り社債のCDSへのエクスポージャーを前年末の45億7000万ドルから32億6000万ドルに圧縮した。

2011年および、今年に入り、新たなCDSポジションは取っていないとしている。









   
  



by d451ddpp | 2012-11-25 21:51 | 情報拡散希望
<< 転載: え、中国が「反日デモ報... 転載: あと一匹 >>