人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 「未来の党」は比例で40%、76議席を固めている

転載: richardkoshimizu’s blog


「未来の党」は比例で40%、76議席を固めている      作成日時 : 2012/12/01 09:01


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201212/article_3.html








                        


                   


インチキマスゴミさん、「未来の党になったから過去の世論調査結果はあてにならない。」と言い訳ができます!

素直に「小沢系」の大勝利を認めてください。

「自民がトップで維新が続き、民主が3番手」なんて、いくら不正選挙を仕組んでも無理です。

未来は、比例で80議席以上。小選挙区も無党派層の3-5%を取り込めば未来が躍進。

日中戦争請負・統一狂会直営朝鮮部落反日連合は、ボロ負け。安倍政権?無理無理。

選挙に勝って、金融ユダヤ人に引導を渡そう。ハドソン川がそろそろ混雑しそうだ。整理券がいるね。


これは絵空事ではない「未来の党」は比例で40%、76議席を固めている
2012年11月30日 掲載
大マスコミの予想は無意味

<無党派層の3%が動けば小選挙区も激震>

http://gendai.net/articles/view/syakai/139880

電撃的に旗揚げし、選挙をガ然、面白くさせた嘉田新党、「日本未来の党」は果たして、どれくらい勝てるのか。大マスコミは「準備不足」や小沢一郎が背後にいることを理由に冷ややかだが、「未来」の選挙関係者の見方はまったく違う。彼らが描く「比例で80議席」は、決して大風呂敷ではない。

大マスコミの世論調査は、自民がトップで維新が続き、民主が3番手というのが多い。

比例の投票先は自民が二十数%、民主は十数%、維新は民主を若干リードで、小沢の「国民生活」などは数%にとどまっている。

この通りの結果になれば、政治は何も変わらないが、朝日新聞OBで政治評論家の国正武重氏はまったく別の見方をする。

「ハッキリ言って、日本未来の党が旗揚げする前の調査は意味がないと思いますよ。卒原発、消費税反対の未来ができたことで、大きな変化が起きると思う。とくに女性や若者の票を取り込むだろうから、大新聞のこれまでの世論調査とはまったく違う結果になると思います」

国正氏によると、小選挙区制では「3~5%の理論」というのがあるという。

「無党派層の3~5%が動くだけで選挙の流れが一変するのです。既成政党の票は固定票プラスαの無党派層。このαが変われば、オセロゲームのように選挙結果が変わります。今度の選挙は7割の有権者が関心を持ったり、選挙に必ず行くと答えている。3・11後初の国政選挙であることも大きい。無党派層の数%が選挙に行けば、投票率がグンと上がる。当然、その投票先は既成政党ではないし、石原、橋下ファンが固定化している維新でもない。未来がその受け皿になれば、選挙はガ然、面白くなってきます」

実は未来の選挙関係者も同じような見方をしている。

参考にすべきは7月に投開票された山口県知事選だ。

自民・安倍総裁の地元で、保守の牙城といわれた山口で、自民党候補の山本繁太郎氏が取った票は25万2000票。辛うじて逃げ切ったが、脱原発を掲げて挑んだ飯田哲也氏も18万5000票を集めた。その差はたった7万票、飯田氏は有権者の35%の票をかき集めた。

その飯田氏が未来の副代表になり、山口県知事選のリベンジをするのだ。

「脱原発を掲げたところ、保守の山口で35%の票が出たのは非常に大きい。全国規模になれば、比例で40%くらいの票を集められる」と選挙関係者はソロバンをはじいている。

「40%といえば、前回の衆議院選で民主党が比例で取った42%に匹敵する。この選挙で民主は87議席を取りました。自民党は26%で55議席。自公をあわせると38%で76議席でした。となると、未来も比例で76議席超はいく。これは決して、皮算用ではありませんよ」(未来を取材している選挙関係者)

小選挙区は候補者が出揃うこれからだが、そこでも「3~5%の理論」を当てはめると、躍進が期待できる。
少なくとも、76プラスα。これだけの議席が期待できれば、未来は間違いなく台風の目になるし、大新聞の選挙予想は大外れということになる。








                 



by d451ddpp | 2012-12-01 22:42 | 情報拡散希望
<< 転載: 国民の生活候補200人... 転載: 人間にとって人を欺き隠... >>