人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ECBの新たな国債購入、政府ファイナンスにならない形で=専務理事

転載: richardkoshimizu’s blog


ECBの新たな国債購入、政府ファイナンスにならない形で=専務理事   作成日時 : 2012/08/28 09:04


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201208/article_102.html






EUの中央銀行も蛸の八ちゃん化しているようです。

ECBは、「ユーロ圏17か国の金融政策を担う中央銀行」。結局、ユダヤ米国のFRBによる不良債権買取同様になってきました。

まさしく、白人ユダヤ人による世界支配構造が崩落するさまが見て取れます。

「ECBによる政府への資金提供に相当するとの懸念」

「ECBの国債買い入れは「薬物」に似ており、政府が依存症に陥るリスクがある」

欧州のツケを安積某が勝手に背負わないように監視いたしましょう。

ECBの新たな国債購入、政府ファイナンスにならない形で=専務理事
ロイター 8月28日(火)4時17分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120828-00000024-reut-bus_all

[ハンブルク 27日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)のアスムセン専務理事は27日、新たな債券買い入れプログラムについて、対象を短期債のみに絞るなど、ECBによる政府への資金提供に相当するとの懸念を払しょくする枠組みを策定していることを明らかにした。

新たな買い入れ計画の下では、対象国が改革の手を緩めないことを確実にするとしている。

同専務理事は買い入れを開始する時期は明らかにしなかったが、独連銀の賛成が得られなかったとしても、ECBは実施するとの見方を示した。

アスムセン専務理事は講演原稿のなかで、買い入れ計画の技術面、運用面での詳細を詰める作業は依然として続いているとしながらも、「ECBが新たなプログラムの枠組みの下で行う買い入れは短期債のみが対象となる」との見方を示した。

また、ユーロ圏の救済基金がECBが行動を起こす前に支援要請国の発行市場に介入する必要があるとの見解を示した。

ECBの債券買い入れについては、独連銀のバイトマン総裁がECBによる政府に対するファイナンスに値するとして強い懸念を表明。ECBの国債買い入れは「薬物」に似ており、政府が依存症に陥るリスクがあるとの認識を示した。

アスムセン専務理事はこれについて、「(買い入れ計画に関する)すべての議論は、条約違反となる政府への支援に関する懸念を解消する必要があるとの考えに基づいて進められる」とし、「ECBは責務の範囲内でのみ行動する」との立場を示した。

アスムセン氏は今年1月にECB専務理事に就任するまで独財務次官を務めていた。









by d451ddpp | 2012-12-03 22:13 | 情報拡散希望
<< 転載: 「創価学会は北朝鮮宗教... 転載: ホモシャブ右翼陣営、苦... >>